無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
神様、もう少しだけ [DVD] 出演: 金城武, 深田恭子
JUGEMテーマ:金城武
JUGEMテーマ:深田恭子
 

神様、もう少しだけ [DVD]

出演: 金城武, 深田恭子

それまで主に香港映画を活躍の場としていた金城武が、初めて日本の連続ドラマに主演することで話題を呼び、またそれまでほとんど無名だった深田恭子がヒロインに大抜擢され一躍注目を浴びるきっかけとなった作品。
   
絶大な才能を持ちながらもそのワンマンな性格からミュージシャンたちと対立、孤独感を募らす音楽プロデューサー石川啓吾(金城)。彼の大ファンで、そのライヴチケットを手に入れるために援助交際に及んでしまった女子高生叶野真生(深田)。刹那的に生きる2人は出会い、やがて恋に落ちるが、その時すでに真生はHIVに感染していた。生の期限を意識して初めて生きる意味に気づく、極限のラブストーリー。黒澤明監督の名作『生きる』を現代的に大胆に翻案したともいえる、せつなくも前向きなドラマ。


深田恭子のイメージ動画

深田恭子 for me [DVD]
【内容】
 映画、ドラマ、CMとあらゆるメディアに引っ張りだこの深田恭子が魅せる笑顔満載の初イメージ映像作品。

レトルト食品.com 
レトルトで簡単調理!おいしい・珍しいレトルト料理を紹介。
 簡単に調理しておいしく頂けるレトルト食品をご紹介しています。
珍しい・おいしい・人気のレトルト食品を随時更新しています。


無料野球シュミレーション育成ゲーム。無料ですぐにあなたのチームが持てます。
リーグ戦の優勝者や上位入賞者・個人タイトル獲得者には賞金がでます。




【このドラマを見た人の感想】

とにかく、一言では表せないぐらい私の中では至高のドラマ。まだ無名だった深田恭子が、体当たりな演技を見せてくれます。このあと、彼女はたくさんのドラマに出演しましたが、私の中ではこのドラマ以上に彼女が輝いたドラマはないと思っています。当時女子高生の援助交際が社会問題になっていた頃で、深田恭子の役はまさに現代の女子高生。ただ毎日を何も考えずに生きていた。その女子高生が、憧れの音楽プロデューサーと恋に落ちるというストーリー。ヒロインがHIV感染しているという役どころは、アイドル路線で売ってきた深田恭子にとって冒険だったと思います。撮影時、NGを連発していた深田恭子に対して金城武は「大丈夫、もう一回やろう」と何度も励ましたそうです。共演した加藤晴彦、仲間由紀恵も金城武に影響を受けたとインタビューで話していました。後半に進むにつれ、深田恭子扮する真生に病魔の影が忍び寄ります。しかし死の影に怯えることなく、まっすぐに自分の信じる道を歩む真生に、本当に勇気づけられます。死の心配もなく生きている自分に、真生の言葉が痛いほど突き刺さってきました。最終話は何度見ても必ず声をあげて泣いてしまいます。「どれだけ命を燃やして生きれたか・・・」この真生の言葉に、自分が励まされます。この作品で、主役2人が大ブレークしました。見れば見るほど、様々な事を考えさせられる本当に最高のドラマです。


このドラマが放送されていた当時、私は20歳でした。
その頃は、「自分は平気!!」などと、あらゆることにそう思って
いました。ところが、この作品を観ているうちに「自分は、ラッキー
の連続」で生きて来れたんだと痛感しました。それからは、どんな1日も
大切に生きて行こうと思えました。
何度観ても、涙があふれる作品です。

誰が観ても、何かを教えてもらえると思います。


元々は金城武のファンで見ていた作品でしたが、どんどんフカキョンとのシーンに釘付けでした。いつでも見れる様にと思いDVD購入しました。何度見ても飽きない至極の作品です。余談ですがどうして海外の俳優さんはキスシーンが上手なんでしょう…演技に見えないとてもリアリティを感じるのは私だけでしょうか?とにかくお勧めして間違いない作品です。


ドラマっ子でビデオ撮りしながら色々見ますが、忘れられない1作です。恋愛ドラマの傑作品だと思います。何度もレンタルしていましたが、保存版したくなり、ついに購入しました。真生(深田恭子)はエイズに罹ったことにより、生きることの大切さを痛感し、抜け殻になっていた啓吾(金城武)の心に、また人を愛するという感情を甦らせる。啓吾が真生に「俺の腕の中で死ね。俺がおまえを抱いて看取ってやる。」は心に残る一言です。お互い精一杯愛し合っている姿は感動で、涙無しには見れませんでした。また、主題歌LUNA SEA「I for You」がベストマッチしています。金城武さんの寂しげな表情や優しさに溢れた表情に惚れちゃいました。是非、見て下さい。


私自身、高校時代のある教師に協力を求められ、現実感無いままに
10年程前にエイズについての研究を少ししました。
そして5年前にこのドラマを見ていて、生と死の逃れられない現実と、
すぐそこにある得体の知れないこの病気の恐ろしさを痛感させられた
物語です。荒削りながらも等身大の深田恭子演じる真生と、日本での

活動を期待され、生身の魅力を精一杯出し切った金城武演じる啓吾の、
ありそうでなさそうな純粋ラブ・ストーリーに、共演者陣の絡みも
素晴らしくバランスのとれたものになっています。原作も素晴らしい!
ラストの啓吾と愛娘幸ちゃんのシーンはいつ見ても感極まります。
途中、多々無理な設定があろうとも、そんなものはおかまいなしに

ベストなドラマです。思いっき!り、涙してください。


もう10年も前のドラマなんですね。
だけど時々無性に見たくなるドラマです。まだ16歳の深田恭子さんの体当たりの演技には荒削りな面なんて吹き飛ぶ程引き込まれます。そして彼女も回が進むにつれてどんどん綺麗になっていきます。そして香港系映画ファンの中では知られてはいたものの、一般的には無名な金城武さんを主演に抜擢したスタッフは本当に凄いと思います。
どんなシーンでも彼が出ると引き込まれます。あの独特な雰囲気と色気は日本の同世代の俳優さんでは決して出せないでしょう。OPのタイトルバックも挿入歌もドラマに合っていて印象に残ります。毎回最後の方は涙、涙ですが、一生懸命生きた真生と遺された娘と共に一生懸命生きていこうとしている啓吾の姿には単なるラブストーリーでは無い感動が心に残る作品だと思います。自分の中でも大事な作品です。


まさしく文句なしです!!98年の7月〜9月クールに放送されたドラマになります。
この変から深田恭子の演技も大分高まってきたし、人気度も爆発的に上がったのではないかと思います。金城さんも格好良かったです!!(しかし、この頃の仲間由紀恵さんも何気に出演してたけど、かなり若いなあ・・・)

このドラマを見ると「日々、元気で生きていることがどれだけ恵まれているか」を改めて痛感します。命の重みを知ったきっかけにもなりました!!

ここではヒロインがエイズにかかってしまい、葛藤しながら描いていくラブストーリーになります。これは98年放送のドラマですが、医療技術が発達してくれることを切に願います。


私の娘も難病で1歳の頃から病院通いです。このドラマを見て病気と闘う少女の強さ、人を思いやる心の大切さを身にしみて感じました。私の娘も壁にぶつかる時が来るでしょうが負けないで欲しいです。このドラマの主人公の様に。



| doramarreturn | 深田恭子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神様、もう少しだけ [DVD]  出演: 金城武, 深田恭子
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

神様、もう少しだけ [DVD]

出演: 金城武, 深田恭子

それまで主に香港映画を活躍の場としていた金城武が、初めて日本の連続ドラマに主演することで話題を呼び、またそれまでほとんど無名だった深田恭子がヒロインに大抜擢され一躍注目を浴びるきっかけとなった作品。
   
絶大な才能を持ちながらもそのワンマンな性格からミュージシャンたちと対立、孤独感を募らす音楽プロデューサー石川啓吾(金城)。彼の大ファンで、そのライヴチケットを手に入れるために援助交際に及んでしまった女子高生叶野真生(深田)。刹那的に生きる2人は出会い、やがて恋に落ちるが、その時すでに真生はHIVに感染していた。生の期限を意識して初めて生きる意味に気づく、極限のラブストーリー。黒澤明監督の名作『生きる』を現代的に大胆に翻案したともいえる、せつなくも前向きなドラマ。


深田恭子のイメージ動画

深田恭子 for me [DVD]
【内容】
 映画、ドラマ、CMとあらゆるメディアに引っ張りだこの深田恭子が魅せる笑顔満載の初イメージ映像作品。

レトルト食品.com 
レトルトで簡単調理!おいしい・珍しいレトルト料理を紹介。
 簡単に調理しておいしく頂けるレトルト食品をご紹介しています。
珍しい・おいしい・人気のレトルト食品を随時更新しています。


無料野球シュミレーション育成ゲーム。無料ですぐにあなたのチームが持てます。
リーグ戦の優勝者や上位入賞者・個人タイトル獲得者には賞金がでます。




【このドラマを見た人の感想】

とにかく、一言では表せないぐらい私の中では至高のドラマ。まだ無名だった深田恭子が、体当たりな演技を見せてくれます。このあと、彼女はたくさんのドラマに出演しましたが、私の中ではこのドラマ以上に彼女が輝いたドラマはないと思っています。当時女子高生の援助交際が社会問題になっていた頃で、深田恭子の役はまさに現代の女子高生。ただ毎日を何も考えずに生きていた。その女子高生が、憧れの音楽プロデューサーと恋に落ちるというストーリー。ヒロインがHIV感染しているという役どころは、アイドル路線で売ってきた深田恭子にとって冒険だったと思います。撮影時、NGを連発していた深田恭子に対して金城武は「大丈夫、もう一回やろう」と何度も励ましたそうです。共演した加藤晴彦、仲間由紀恵も金城武に影響を受けたとインタビューで話していました。後半に進むにつれ、深田恭子扮する真生に病魔の影が忍び寄ります。しかし死の影に怯えることなく、まっすぐに自分の信じる道を歩む真生に、本当に勇気づけられます。死の心配もなく生きている自分に、真生の言葉が痛いほど突き刺さってきました。最終話は何度見ても必ず声をあげて泣いてしまいます。「どれだけ命を燃やして生きれたか・・・」この真生の言葉に、自分が励まされます。この作品で、主役2人が大ブレークしました。見れば見るほど、様々な事を考えさせられる本当に最高のドラマです。


このドラマが放送されていた当時、私は20歳でした。
その頃は、「自分は平気!!」などと、あらゆることにそう思って
いました。ところが、この作品を観ているうちに「自分は、ラッキー
の連続」で生きて来れたんだと痛感しました。それからは、どんな1日も
大切に生きて行こうと思えました。
何度観ても、涙があふれる作品です。

誰が観ても、何かを教えてもらえると思います。


元々は金城武のファンで見ていた作品でしたが、どんどんフカキョンとのシーンに釘付けでした。いつでも見れる様にと思いDVD購入しました。何度見ても飽きない至極の作品です。余談ですがどうして海外の俳優さんはキスシーンが上手なんでしょう…演技に見えないとてもリアリティを感じるのは私だけでしょうか?とにかくお勧めして間違いない作品です。


ドラマっ子でビデオ撮りしながら色々見ますが、忘れられない1作です。恋愛ドラマの傑作品だと思います。何度もレンタルしていましたが、保存版したくなり、ついに購入しました。真生(深田恭子)はエイズに罹ったことにより、生きることの大切さを痛感し、抜け殻になっていた啓吾(金城武)の心に、また人を愛するという感情を甦らせる。啓吾が真生に「俺の腕の中で死ね。俺がおまえを抱いて看取ってやる。」は心に残る一言です。お互い精一杯愛し合っている姿は感動で、涙無しには見れませんでした。また、主題歌LUNA SEA「I for You」がベストマッチしています。金城武さんの寂しげな表情や優しさに溢れた表情に惚れちゃいました。是非、見て下さい。


私自身、高校時代のある教師に協力を求められ、現実感無いままに
10年程前にエイズについての研究を少ししました。
そして5年前にこのドラマを見ていて、生と死の逃れられない現実と、
すぐそこにある得体の知れないこの病気の恐ろしさを痛感させられた
物語です。荒削りながらも等身大の深田恭子演じる真生と、日本での

活動を期待され、生身の魅力を精一杯出し切った金城武演じる啓吾の、
ありそうでなさそうな純粋ラブ・ストーリーに、共演者陣の絡みも
素晴らしくバランスのとれたものになっています。原作も素晴らしい!
ラストの啓吾と愛娘幸ちゃんのシーンはいつ見ても感極まります。
途中、多々無理な設定があろうとも、そんなものはおかまいなしに

ベストなドラマです。思いっき!り、涙してください。


もう10年も前のドラマなんですね。
だけど時々無性に見たくなるドラマです。まだ16歳の深田恭子さんの体当たりの演技には荒削りな面なんて吹き飛ぶ程引き込まれます。そして彼女も回が進むにつれてどんどん綺麗になっていきます。そして香港系映画ファンの中では知られてはいたものの、一般的には無名な金城武さんを主演に抜擢したスタッフは本当に凄いと思います。
どんなシーンでも彼が出ると引き込まれます。あの独特な雰囲気と色気は日本の同世代の俳優さんでは決して出せないでしょう。OPのタイトルバックも挿入歌もドラマに合っていて印象に残ります。毎回最後の方は涙、涙ですが、一生懸命生きた真生と遺された娘と共に一生懸命生きていこうとしている啓吾の姿には単なるラブストーリーでは無い感動が心に残る作品だと思います。自分の中でも大事な作品です。


まさしく文句なしです!!98年の7月〜9月クールに放送されたドラマになります。
この変から深田恭子の演技も大分高まってきたし、人気度も爆発的に上がったのではないかと思います。金城さんも格好良かったです!!(しかし、この頃の仲間由紀恵さんも何気に出演してたけど、かなり若いなあ・・・)

このドラマを見ると「日々、元気で生きていることがどれだけ恵まれているか」を改めて痛感します。命の重みを知ったきっかけにもなりました!!

ここではヒロインがエイズにかかってしまい、葛藤しながら描いていくラブストーリーになります。これは98年放送のドラマですが、医療技術が発達してくれることを切に願います。


私の娘も難病で1歳の頃から病院通いです。このドラマを見て病気と闘う少女の強さ、人を思いやる心の大切さを身にしみて感じました。私の娘も壁にぶつかる時が来るでしょうが負けないで欲しいです。このドラマの主人公の様に。



| doramarreturn | 深田恭子 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |