無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ギャルサー
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

ギャルサー


【出演者のプロフィール】

藤木直人, 戸田恵梨香

渋谷を徘徊する女の子の集団ギャルサー(ギャルサークル)の中でも最大のグループと言われる“エンゼルハート”は、町の秩序を守ろうとする商店街の大人たちに煙たがられる存在。そこに現れたのはアメリカ帰りのカウボーイの進之助。彼が掘った落とし穴にエンゼルハートのサキが転落し、ひと騒動起きたあと、彼女と進之助の出会いをきっかけに、進之助はカタコトの日本語ながら、ストレートな物言いと行動力で、ギャルたちのトラブルを助けていくことに。
2006年4月から6月まで日本テレビ系で放映された人気ドラマ。これまで二枚目路線だった藤木直人が、変な日本語を操るカウボーイをコミカルに演じて新境地。トボけた味わいでコメディもこなせる演技力を見せた。また脇を古田新太佐藤隆太、高田順次、温水洋一など個性派がしめ、中でもネイティブアメリカンという設定のジェロニモを演じた古田の怪演は爆笑必至。そんな男たちで笑わせる一方、ギャルたちはトップモデルでもある鈴木えみ戸田恵梨香新垣結衣など、美少女が大挙出演。華やかで楽しい青春コメディとしてティーンに支持される人気ドラマになった。







【このドラマを見た人の感想】


藤木直人のカウボーイに古田新太のインディアン(さらに佐藤隆太のお巡りさん)、これに食いつかない人はいないでしょう!!!と思っていましたがそうでもなかったようで、視聴率では苦戦。ですが見ていた人はみんな、熱心な視聴者だったのでは? DVD化が決まってやった!と思いました。

カウボーイができる役者(しかも渋谷に舞い降りた場違い千万なカウボーイ)、インディアンがこれほどはまる役者、他にいるでしょうか?(古田新太が渋谷を闊歩する様は圧巻!) 文句なしのキャスティングだったと思います。インディアンの女の子・モモもかわいらしかった。ギャルの子たち、商店街の皆さんも粒揃い。

ストーリーはつっこみどころは多々ありつつも、毎回笑えてじーんときて、実に楽しみなドラマでした。しかしながら、大人が若者を教え導くというドラマを作るのに、ここまで二重三重のひねり加えなければならないこの時代は・・・なかなか厳しいと言えるでしょうね。などと頭の片隅で考えもしましたが、個人的にはこんな突拍子もない設定は大歓迎! ドラマ界の皆様には、どんどん趣向を凝らした作品をお茶の間に届けていただきたいものです。

(少しだけ気になったのは、音楽担当が『野ブタ。をプロデュース』のかたで、シリアスな場面の音楽など、似通っていたこと。メインの演出家のかたも一緒のようですし、戸田恵梨香さんが両方にご出演なので、余計にそう感じたのかもしれませんが・・・・ でも全体的にはよかったです。こんなことが気になるのは若くない証拠ですかね・・・)


同じ土曜9時の「マイボス」や「極せん」等の学園モノとは違い設定が理解しずらい分、純粋に感情移入出来ない人が多いのかもしれません。しかし、一度ハマってしまうと、ストーリー構成やキャスティング的にも、非常に完成度の高いドラマだと気付くはずです。一話ごとに違うギャルがメインになるというのが基本ですが、ギャル達がシンノスケを通して、社会と少しずつ向き合おうとする様子が全体としてのテーマになっています。また、教師と生徒ではなく、ギャルとオヤジの対極に位置する者同士の争いも新鮮で良いです。笑いと涙の青春コメディーです!


最初は全く期待してませんでした、ドラマの放送が始まり、回を重ねていくたびに『もっと見たい』『まだ終らないで欲しい!』という感情が溢れてきました!
要するにものの見事にハマッてしまったのです!『ギャル』という言葉に拒否反応をしてしまう方は結構多いはずですが、ストーリーが進むなかで見えてくる女の子やおじさん達の性格や苦悩、実は凄くメッセージ性の強い内容なのです。
「泣ける」ということを売りにしてるドラマや映画よりもずっと『ギャルサー』の方が感動できます、ドタバタや笑いをふんだんに盛り込んで、さらには若者ならではの悩みや争い、それをいい方向に導こうと大活躍?するシンノスケ・・・もう語りつくせません!
シンノスケのカタコトの日本語だからこそ伝わる言葉もあります、役者さん達もみんなハマリ役です、何度も見たくなる素敵なドラマです。


せわしく時が流れる現代社会で忘れつつある心。食べ物への感謝。人を思いやる気持ち。忙しい毎日の中忘れがちになっているコトをもう一度思い出させてくれました。堅くなりましたが、何はともあれ、このドラマは楽しい(^O^)よ。



絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?
ザ・写真集口コミ情報局 アイドル・グラビア・女優アイドル・グラビア・女優の写真集を紹介!
| doramarreturn | 藤木直人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホタルノヒカリ
JUGEMテーマ:ホタルノヒカリ2
JUGEMテーマ:ホタルノヒカリ2
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

ホタルノヒカリ

TVドラマのDVDを買ったのは生まれて初めて。
それほど価値のある楽しい恋愛ドラマだと思ったから。
原作は漫画だが、水橋文美江の脚本と配役、音楽(aikoの横顔)がマッチして、年齢関係なく、切なく、恋しい気分になれる。
ぶちょおとアホ宮の恋愛は普遍の男女関係だ。笑いのツボがよくて、とにかく癒される。
理屈ぬきで楽しい気分になれるが、一つ一つのセリフが後の伏線になっていて、よく練られた脚本だということに気付く。
天然の綾瀬はるかがとにかく可愛い。
ドラマが終わっても2年近く掲示板が続いた、愛されたドラマ。
続編が見たい唯一のドラマです!!


【出演者のプロフィール】

綾瀬はるか, 藤木直人
綾瀬はるか主演で贈るコメディドラマのBOX。仕事を終えるとだらしない“干物女”と化すOL・蛍は、ひょんなことから上司の高橋と同居することになり…。第1話から最終第11話を収録。特典ディスク付きの6枚組。


榮倉奈々の他の作品





【このドラマを見た人の感想】


綾瀬はるかさんの今までのイメージ(清楚なお嬢様)を一掃し、可愛らしい干物女ぶりを発揮されています。
藤木直人さんは、このドラマで「ベストスマイル賞」「助演男優賞」を受賞されています。
このお2人にとって、代表作となる素晴らしいドラマです。
また、安田顕さんの味のある演技も楽しめる要素となっています。
待ってましたぁ〜
DVD化されてなかったのが不思議?でした。日テレにメ−ルして良かったです。
もう、You Tube見なくて済みます。(涙)
いいドラマは主演だけでなく、脇を固める俳優も絶妙だったりして、安田顕、武田真治がイイ味出してます。
気になっていたけど、放送時はちゃんと見れなくてレンタルで見ました!そして、面白すぎて特典ディスクが見れるのでBOXを購入しました。
普段は仕事をがんばる元気な女の子だけど、家に帰るとビール片手にジャージ姿、恋も全然する気がない干物女(綾瀬はるか)が、海外から戻ってきたイケメンデザイナー(加藤和樹)に久々に恋をして奮闘します。部長である藤木直人が相談に乗ったり、干物ぶりを説教するシーンは笑わせられました。藤木直人さんは、そんなに好きじゃありませんでしたが、この作品を見て好感が持てました。

でも、なんと言っても「綾瀬はるか」のナチュラルビューティーっぷり。天然オーラ満載の演技は癒されます。本当にこの役にピッタリで,ジャージ姿でもあんなにカワイイだなんて。ベストジャージにストは綾瀬さんで決定☆笑

マンガはおそらくどっぷり少女マンガだと思いますが、ドラマ版は女性だけでなく、男も楽しめる作品でした。他のキャストもハマってたと思いますし。オススメのラブコメ
1番大好きなドラマです!!
DVD化まで時間がかかりましたがほんっとーに嬉しいです☆
たくさんの人に見てもらいたい作品だと思います☆
アホ宮とぶちょおの関係がすごく好きです。
このドラマは本当に温かい気持ちになれると思います。
「久しぶりに人を好きになることができた自分を、愛おしいと思いなさい。」
「ありのままの君が好きだよ。」
など、私はぶちょおの言葉が大好きです。
もうすぐ夏がやってきますね…!
蛍とぶちょおに会いたいなー…
続編してほしいです(>_<)☆★☆




絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?
ザ・写真集口コミ情報局 アイドル・グラビア・女優アイドル・グラビア・女優の写真集を紹介!
| doramarreturn | 藤木直人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あすか 完全版 竹内結子, 藤木直人
JUGEMテーマ:竹内結子
JUGEMテーマ:藤木直人
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


あすか 完全版

【出演者のプロフィール】

竹内結子, 藤木直人



和菓子の美しさに魅せられその世界に飛び込んだあすか(竹内結子)の半生記。京都の老舗・扇屋一心堂に弟子入りしたあすかは成功と失敗を繰り返しつつも着実に花形職人への道を歩む。あすかの考案した新商品で経営拡大を目指した扇屋一心堂だったが、のれん会からは不評を買い、退会処分を受け遂には倒産。生まれ故郷の奈良明日香村に戻った傷心のあすかだったが、10年の時を経て扇屋一心堂の再興を決意、孤軍奮闘を始める…。
竹内結子の出世作となったNHK朝の連続テレビ小説(1999年)。初々しい高校生から一人前の職人となる中年までをはつらつと演じている。相手役は当時デビュー3年目の藤木直人。若々しく清々しい夫婦役がまさに好印象。





絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?


【このドラマを見た人の感想】


懐かしいですね。

当時学生だったわたしは、第一回から最終回まで毎朝楽しみにして見ていました。一回も見逃したことはありません。

この作品は脚本、演出、役者の演技ともどもどれも高いレベルにあるのですが、わたしが特に気に入ったのは、あすかの少女時代の子役の子の演技です。

あの子は明るくて活発で演技がうまくて、なによりとても可愛いらしかった。
当時のわたしはあの子にもう夢中でしたね。あの子のおかげで毎日朝がくるのが楽しみになっていたんです。

今、再び見返してみてもやはりあの子はとても魅力的でした。
あすかの人気を支えているのはあの子の魅力の部分が大きかったのではないでしょうか。

本当によい作品に巡り合えたことを、わたしはとても幸せに感じます。
朝ドラの成功は、(脚本が良いのはもちろん大前提ですが)主役がどれだけ輝いているかにかかっていると思います。
 
 「あすか」の場合、まず子役時代の榎園実穂ちゃんがめちゃくちゃかわいい。
 ちょっと昔っぽい衣装と、美しい風景とあわせてノスタルジーに浸れます。
 
 そして大人時代は、竹内結子さん。
 後のドラマでも彼女が得意とするキャラクターである、「ひたむきで、不器用なくらい、まっすぐ一生懸命」な朝ドラの典型とも言える設定なのですが、彼女が演じると不思議と嫌味がなく、引きずり込まれてしまいます。
 
 相手役は、藤木直人さん。
 頭が良くて、優しくて、すこし優柔不断なところもある、というこの役柄は彼本来が持つ雰囲気にぴったりです。

 主人公とその相手役がこのふたりだったことが、まずは成功の基盤にあると思います。
 脇を固める俳優さんは、超ベテランで達者な人ばかり。
 それほど大きな役ではないところにも、う〜んと唸らせられる配役で(たとえば茶道の大家の三男が加納幸和さんだったり。)わくわくさせられます。

 お話も楽しくて、DVD13枚組ですが、つぎつぎと停まらず見続けてしまいました。
 ちなみにテーマミュージックも良いです。
リアルタイムで観ていたので、ほぼ10年ぶりに観ています。
竹内結子さんが初々しいです。しかし、それとは裏腹に演技すごいですね!
最初の数話は硬さが見えて、演技もまだまだと思っていましたが、ほんの
数話でまるで別人のように変わりました。

この朝の連ドラの特徴でもある「成長」
それはドラマの中の主人公の「成長」と共に、その女優さんもどんどん「成長」
をしていくのが分かります。
これもこの朝の連ドラの魅力かな?と思います。

しかし、あいかわらずNHKドラマの演出は酷いです。
子供のお遊戯会のようです。この朝の連ドラも例外ではありません。
が、何故か朝の連ドラはゆるせちゃいます。
主人公の半生や一生を描く朝の連ドラには不思議なくらい感情移入してしまいます。

何度も言いますが、演出は酷いです。
それでも、日本が誇るドラマシリーズだと思います。
伝説の朝ドラです。キャスト、ストーリー、音楽において神がかってました。正直最近のは見れたものではない。風のハルカは好きでしたが。その後はゴミ同然です。
オンエア当時、藤岡弘さんがあすかのお父さん役だったこともあって、毎日録画して見ていましたが、小さい頃のあすかの役の榎園美穂ちゃんがとても可愛いし、竹内結子さんもキラキラした魅力いっぱいのヒロインで一気にはまってしまいました。
ちょっと頑固で厳しい和菓子職人のお父さん=録太郎さんに厳しく鍛えられながらも、一生懸命なあすかの成長ぶりが丁寧に描かれている点も好感が持てます。
ちょっと頑固で仕事にとても厳しい典型的な職人気質の不器用なお父さん、そんなお父さんの代わりに優しくあすかをフォローするお母さんも存在感たっぷり!
他のわき役のメンバーも、今から思えば超豪華な実力派メンバーが揃っています。

特に藤岡さんのファンでもある私としては、このドラマで藤岡さんが演じたあすかのお父さん=禄太郎さんをひいき目なしで高く評価しています。
仮面ライダーがあまりに有名であり、アクション俳優としてのイメージが強い藤岡さんですが、頑固で厳しく不器用ながらも心に熱いものを持っている禄太郎さんのキャラクターの奥深い魅力は、藤岡さんでなければ出せなかったのではないだろうかと思うのです。
途中、禄太郎さんが悪いことに手を出してしまった若い職人を叱りつけ、その後熱い口調で励ますところがありますが、そのシーンは今でも印象に残っています。

そういえば最初の頃の話には、あすかがいじめられた時に禄太郎さんがいじめっ子を叱りつけて、あすかが「お父ちゃんは正義の味方や!」と言うほのぼのシーンがありましたが、最後もお店を復活させようと奮闘していたあすかが手を骨折してしまい、大ピンチになったところで禄太郎さんが正義の味方のごとく帰ってきて、あすかと一緒にお菓子を作りあげて見事にお店を復活させるという、藤岡さんファンにはたまらない演出もあります。
ストーリーの完成度が高いだけではなく、藤岡さんが新たな境地を拓いた作品としても是非お勧めしたい傑作です!


| doramarreturn | 藤木直人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |