無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX 菅野美穂 玉木宏 吉瀬美智子  水上剣星 滝沢沙織 RIKIYA  横山めぐみ 吉田鋼太郎 唐沢寿明
JUGEMテーマ:菅野美穂
 

ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX


【出演者の過去の作品・プロフィール等】


菅野美穂 玉木宏 吉瀬美智子  水上剣星 滝沢沙織 RIKIYA  横山めぐみ 吉田鋼太郎 唐沢寿明




内容紹介


2011年3月9日[水] 復讐開始!

その女に近づいた男は必ず不幸になる―
復讐こそが生きる意味となった女と、生きる意味そのものを見失った男。
やがて驚愕の真実へと辿りつく極上のオリジナルミステリー!


★ 貴重な映像満載の特典DISC付き豪華7枚組BOX仕様!
★ 冤罪、復讐… 数々の伏線が散りばめられた完全オリジナル極上ミステリー!
★ 第10話、第11話(最終回)はディレクターズカット版で収録!

<封入特典>
■ 初回限定封入特典 ■
初回限定スペシャルブックレット「週刊新報」
※ドラマ本編に登場した2つの事件記事と堂島が最後に残した原稿が掲載された「週刊新報」風ブックレット。

事件1:「悪魔のチョコケーキ事件」
事件2:「溝口猛逮捕!」
堂島最後の原稿:「悪魔と契約した女 毒入りケーキ事件の真相!?「少女A」15年後の復讐劇」堂島基一

※初回出荷分終了後は、上記3記事の無い通常版ブックレットとなります。

<特典映像(146分)>
DISC1(23分)
◆ 初回ブームアップ番組
「ギルティ 悪魔と契約した女 ノガミメイコ その正体に迫る」

DISC7(123分)
◆ 出演者インタビュー
菅野美穂、玉木宏、吉瀬美智子、水上剣星、横山めぐみ、吉田鋼太郎、唐沢寿明
◆ 野上芽衣子 最期の日
◆ ジャーナリスト堂島の小屋を訪ねて~堂島最後のメッセージ(完全版)
◆ PRスポット&予告集
◆ クランクアップコメント集

※10話、11話はディレクターズカット版で収録。(セルのみ)


<キャスト>
菅野美穂 玉木宏 吉瀬美智子  水上剣星 滝沢沙織 RIKIYA  横山めぐみ 吉田鋼太郎 唐沢寿明

<スタッフ>
原案:相沢友子
脚本:大久保ともみ 平野悠希
チーフプロデューサー:吉條英希
プロデューサー:稲田秀樹 佐野拓水 山崎淳子
音楽:住友紀人
主題歌:JUJU「この夜を止めてよ」(ソニー・ミュージック アソシエイテッド レコーズ)
演出:小林義則 植田泰史 白木啓一郎
制作著作:共同テレビ
制作:関西テレビ

2010年/本編518分+特典映像146分/16:9LB/日本語字幕(本編のみ)/音声:ステレオ/
DISC1~DISC6:片面1層、DISC7:片面2層/7枚組(本編DISC6枚+特典DISC1 枚)

※ジャケット・仕様は変更となる場合がございます。

発売元:関西テレビ放送 販売元:TCエンタテインメント

(C)2011関西テレビ放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

過去の冤罪を晴らすため復讐の鬼と化した女性の運命を描いた、菅野美穂主演のミステリーのBOX。姉一家を殺したという無実の罪を着せられ服役した芽衣子は、事件の真相を探りながら、真犯人に復讐を図る。全11話を収録。特典ディスク付きの7枚組。




【このドラマを見た人の感想】


ドラマが放送された3ヶ月間、とにかくハマった。生まれて初めてドラマにどっぷり。
観たら次週が気になって、次まで1週間頭の中がギルティでいっぱい。
その理由は展開が早く伏線も多く、話を進める最大のポイントが役者の「演技」に委ねられているから。
伏線らしきネタの意味を考えたり、ふとした台詞や役者の表情に観入ったり、何度も繰り返し観ながら
話数が進んで行くうちにバラバラだったパズルのピースが組み立てられて行き、また再度確認の為にシーンを見直す。
何度も観てると飽きるかと言うと…演技が素晴らしいので全く飽きる事が無い。
菅野美穂は勿論、玉木宏、当然唐沢さんや吉田鋼太郎さんも見事な演じっぷりで、吉瀬さんもどんどん役にハマっていくし、
皆さんとにかく謎めいてて自分のキャラクターを理解し表現しようと言う気迫も伝わって来る。
脇役の方々の演技も本当に素晴らしくて感心しきり。
ここまで演じる事が視聴者に想いを伝え楽しめる物かって再確認出来るし、
今時の分かりやすく単純な1話完結のドラマではなく、劇的なモノと作ろうとしていた制作スタッフの意気込みも感じる。

実際出来としては突っ込みどころも多い。もう少しここ頑張って欲しかったと脚本や演出にダメ出しもしたくなる。
でも演技に魅入られて、それぞれのキャラの良い所駄目な所、不器用さに愛情が湧いてしまい、結果泣いたり、
深く感じ入ってしまう事も多かった。まーとにかくギルティが愛しかった。放送終わっても未だ引きずってる。
自分ん性格から考えてもこんなにドラマにハマるなんて考えられないのだが。

全てラストまで鑑賞し終わるとドラマ自体に色々な感想が湧いて来ると思う。出来不出来に関しても考えてしまう。
でももう一度、玉木&菅野の演技を恋愛ものとして見直すと、その表情・目つきに真島と芽衣子の想いが凝縮されてて
惹かれ行く様が細かく表現されてて、相手を想う様がとてつもなくピュアで、こちらも素直に心を動かされる。
二人とも生き方が本当に不器用で、真っ直ぐで真剣で、この二人が大好きになってしまう。
玉木&菅野、この二人の演技の相性も良く遠慮等なして演じられてるのも分かる。体当たりで掴み合ったりしてるシーンが
何度かあるが、互いに本気で真剣で、何度もリピートして魅入ってしまった。
とにかくこのドラマクール3ヶ月間、楽しかった。唐沢さんのアドリブも何度見ても吹き出す程笑ってしまう。
ドラマをDVDで買おうなんて一度も思った事が無かったけどこれに関しては迷いは一切無い。手元に届くのが待ち遠しい。
演じるって凄い。
またこの役者陣で別作品観てみたい。

| doramarreturn | 菅野美穂 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX

ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX


【出演者の過去の作品・プロフィール等】


菅野美穂 玉木宏 吉瀬美智子  水上剣星 滝沢沙織 RIKIYA  横山めぐみ 吉田鋼太郎 唐沢寿明




内容紹介


2011年3月9日[水] 復讐開始!

その女に近づいた男は必ず不幸になる―
復讐こそが生きる意味となった女と、生きる意味そのものを見失った男。
やがて驚愕の真実へと辿りつく極上のオリジナルミステリー!


★ 貴重な映像満載の特典DISC付き豪華7枚組BOX仕様!
★ 冤罪、復讐… 数々の伏線が散りばめられた完全オリジナル極上ミステリー!
★ 第10話、第11話(最終回)はディレクターズカット版で収録!

<封入特典>
■ 初回限定封入特典 ■
初回限定スペシャルブックレット「週刊新報」
※ドラマ本編に登場した2つの事件記事と堂島が最後に残した原稿が掲載された「週刊新報」風ブックレット。

事件1:「悪魔のチョコケーキ事件」
事件2:「溝口猛逮捕!」
堂島最後の原稿:「悪魔と契約した女 毒入りケーキ事件の真相!?「少女A」15年後の復讐劇」堂島基一

※初回出荷分終了後は、上記3記事の無い通常版ブックレットとなります。

<特典映像(146分)>
DISC1(23分)
◆ 初回ブームアップ番組
「ギルティ 悪魔と契約した女 ノガミメイコ その正体に迫る」

DISC7(123分)
◆ 出演者インタビュー
菅野美穂、玉木宏、吉瀬美智子、水上剣星、横山めぐみ、吉田鋼太郎、唐沢寿明
◆ 野上芽衣子 最期の日
◆ ジャーナリスト堂島の小屋を訪ねて~堂島最後のメッセージ(完全版)
◆ PRスポット&予告集
◆ クランクアップコメント集

※10話、11話はディレクターズカット版で収録。(セルのみ)


<キャスト>
菅野美穂 玉木宏 吉瀬美智子  水上剣星 滝沢沙織 RIKIYA  横山めぐみ 吉田鋼太郎 唐沢寿明

<スタッフ>
原案:相沢友子
脚本:大久保ともみ 平野悠希
チーフプロデューサー:吉條英希
プロデューサー:稲田秀樹 佐野拓水 山崎淳子
音楽:住友紀人
主題歌:JUJU「この夜を止めてよ」(ソニー・ミュージック アソシエイテッド レコーズ)
演出:小林義則 植田泰史 白木啓一郎
制作著作:共同テレビ
制作:関西テレビ

2010年/本編518分+特典映像146分/16:9LB/日本語字幕(本編のみ)/音声:ステレオ/
DISC1~DISC6:片面1層、DISC7:片面2層/7枚組(本編DISC6枚+特典DISC1 枚)

※ジャケット・仕様は変更となる場合がございます。

発売元:関西テレビ放送 販売元:TCエンタテインメント

(C)2011関西テレビ放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

過去の冤罪を晴らすため復讐の鬼と化した女性の運命を描いた、菅野美穂主演のミステリーのBOX。姉一家を殺したという無実の罪を着せられ服役した芽衣子は、事件の真相を探りながら、真犯人に復讐を図る。全11話を収録。特典ディスク付きの7枚組。




【このドラマを見た人の感想】


ドラマが放送された3ヶ月間、とにかくハマった。生まれて初めてドラマにどっぷり。
観たら次週が気になって、次まで1週間頭の中がギルティでいっぱい。
その理由は展開が早く伏線も多く、話を進める最大のポイントが役者の「演技」に委ねられているから。
伏線らしきネタの意味を考えたり、ふとした台詞や役者の表情に観入ったり、何度も繰り返し観ながら
話数が進んで行くうちにバラバラだったパズルのピースが組み立てられて行き、また再度確認の為にシーンを見直す。
何度も観てると飽きるかと言うと…演技が素晴らしいので全く飽きる事が無い。
菅野美穂は勿論、玉木宏、当然唐沢さんや吉田鋼太郎さんも見事な演じっぷりで、吉瀬さんもどんどん役にハマっていくし、
皆さんとにかく謎めいてて自分のキャラクターを理解し表現しようと言う気迫も伝わって来る。
脇役の方々の演技も本当に素晴らしくて感心しきり。
ここまで演じる事が視聴者に想いを伝え楽しめる物かって再確認出来るし、
今時の分かりやすく単純な1話完結のドラマではなく、劇的なモノと作ろうとしていた制作スタッフの意気込みも感じる。

実際出来としては突っ込みどころも多い。もう少しここ頑張って欲しかったと脚本や演出にダメ出しもしたくなる。
でも演技に魅入られて、それぞれのキャラの良い所駄目な所、不器用さに愛情が湧いてしまい、結果泣いたり、
深く感じ入ってしまう事も多かった。まーとにかくギルティが愛しかった。放送終わっても未だ引きずってる。
自分ん性格から考えてもこんなにドラマにハマるなんて考えられないのだが。

全てラストまで鑑賞し終わるとドラマ自体に色々な感想が湧いて来ると思う。出来不出来に関しても考えてしまう。
でももう一度、玉木&菅野の演技を恋愛ものとして見直すと、その表情・目つきに真島と芽衣子の想いが凝縮されてて
惹かれ行く様が細かく表現されてて、相手を想う様がとてつもなくピュアで、こちらも素直に心を動かされる。
二人とも生き方が本当に不器用で、真っ直ぐで真剣で、この二人が大好きになってしまう。
玉木&菅野、この二人の演技の相性も良く遠慮等なして演じられてるのも分かる。体当たりで掴み合ったりしてるシーンが
何度かあるが、互いに本気で真剣で、何度もリピートして魅入ってしまった。
とにかくこのドラマクール3ヶ月間、楽しかった。唐沢さんのアドリブも何度見ても吹き出す程笑ってしまう。
ドラマをDVDで買おうなんて一度も思った事が無かったけどこれに関しては迷いは一切無い。手元に届くのが待ち遠しい。
演じるって凄い。
またこの役者陣で別作品観てみたい。

| doramarreturn | 菅野美穂 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |