無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
プライド 木村拓哉, 竹内結子, 坂口憲二, 市川染五郎, 中越典子
 
JUGEMテーマ:SMAP
JUGEMテーマ:木村拓哉
JUGEMテーマ:竹内結子
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


プライド

【出演者のプロフィール】

木村拓哉, 竹内結子, 坂口憲二, 市川染五郎, 中越典子

2004年1月から3月に放送された、フジテレビ ”月9” ドラマ。アイスホッケー実業団チーム 「ブルースコーピオンズ」 のキャプテンを務める里中ハル(木村拓哉)を中心に、友情や恋愛を描いた青春ドラマ。特典ディスク付きの5枚組。
僕の中のキムタク主演のドラマで印象に残っていたのは「HERO」と「Good Luck!!」だったのですが、このプライドもその二作品とは違った味がありました。



ジャンルで言えば恋愛ドラマなのかも知れないけれども、ブルースコーピオンズのチーム内での人間関係や、ハルの人間性が徐々に変わっていく姿は、素直に共感できました。
僕が個人的に見たかったので借りて見ていたDVDだったのですが、いつの間にか親が早く次のディスクを借りて来いという始末。キャラ一人一人の個性やQUEENのテーマソングまでがしっかりマッチした、見応えある作品でした。最初にあげた2つに負けない名作です!!



【このドラマを見た人の感想】


ドラマはあまり観ないけど、これはすごく好きです。

古き良き時代の、
強くかっこいい男、
気高く、だけど優しい心の女

きっと憧れます。

アイスホッケーのシーンで流れる、
QUEENのメインテーマもすごくかっこいい!

自分もがんばらなきゃって気持ちになれる、
パワーに溢れたドラマです。
青臭さ全開だけど、そこは素直な心で観て欲しい。


様々な評価をされていますが、私はこれもステキな作品だったと思います。

木村さんは、”体育会系のハル”をすばらしく演じていられました。

『メイビー』『古きよき女』の台詞は、確かに古くさく感じるかもしれませんが、
私はこのドラマの個性のひとつだとも思います。

いろいろな角度から見ることで、ドラマの楽しみ方もひとつではないのでは。


迫力のホッケーシーン、熱い男の戦い、相手を思いやる気持ちが切なくさせるラブストーリー。クィーンの名曲が見る者の興奮を盛り上げる2004年最大のヒットドラマ。

アキ(竹内)はヒロインとして女性らしさが強調される。ママ扱いされたり(?)、60kg未満限定のスケート(?)で「...ヘンタイ」というセリフもかわいいが、たまに見せる毅然とした態度が彼女らしく魅力的。オープニングでborn to love youにのせて、アキが髪を振り乱してゴールを喜ぶ顔が、活発な性格をかいま見せて好きだ。

氷上のハル(木村)がカッコいい。努力家の木村はこのドラマのためにアイスホッケーの練習をずいぶんしたとか。チームリーダーとして、時に厳しい態度を取り、ハードなトレーニングにストイックな面も見せるが、アキに母性を求める面もあり、少年の心も感じさせる。

旅立った恋人を待つアキを、古き良き時代の女だとハルはいう。「古き良き時代」がこのドラマのキーワード、彼の生い立ちにも関わる(?)が、さらに含むところがあるのではと思う。21世紀も4年目の今頃になってと言われそうだが、世相は乱れ、連日悲惨なニュースが氾濫し、世紀末の様相を呈している。ハルは言う「ぬるい奴やずるい奴は許せない」と。今の世の中ずるい奴がのさばり、間違ったことがまかり通っている。

男は強くカッコよく、女は優しく美しい。努力すればいつか夢はかなう。世紀末の終焉を求め、新しい世紀にそんな古き良き時代の理想を呼びかけている気がしてならない。


映像作品を観てもあまり泣く事はないのですが、
良いドラマで、もう何回も鑑賞しました。
ハルとアキの関係。微妙な関係で進行して行きますが、
どうなるでしょう。
ハルのアキを思う心。
ハルはアイスホッケーは彼女を作ると手かせ足かせになるのでゲームから始まる関係ですが、
お互いの心の動きを見ていると心温まります。
竹内結子の可愛い言動もお薦め場面。
仲間って良いですね。
BOXでちょい購入も考えますが、これは買いです。

| doramarreturn | 竹内結子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏の恋は虹色に輝く DVD-BOX 松本潤 竹内結子
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

夏の恋は虹色に輝く DVD-BOX

「嵐」の松本潤、月9ドラマ初主演作品が早くもDVD-BOXで発売!

人気絶頂「嵐」の松本潤、月9ドラマ初出演・初主演作品。
ヒロイン役には、透明感溢れる美しさと幅広い演技力で魅了する竹内結子!
2人の共演による、月9ドラマらしい爽やかなラブストーリー!!
脚本は同じく月9ドラマ『ブザービート~崖っぷちのヒーロー~』で大ヒット記録した大森美香!

【あらすじ】
名優の父親と元女優の母親を持つにも関わらず、全く売れない二世俳優・楠大雅(松本潤)は、世間からは親の七光りと揶揄され、父親にコンプレックスを抱いていた。
ある日、友人と気晴らしにスカイダイビングをしていたが、大雅だけ風に流されて雑木林に落下して宙吊り状態になってしまう。
困っていたところを偶然通りかかり、助けてくれた美女・北村詩織(竹内結子)に一目惚れするが、実は彼女にはある秘密があったのだった。
2010年7月19日~9月20日放送【全10 話】

【映像特典】
●制作発表
●スペシャルメイキング
●番宣集
●夏虹キャンペーン限定映像
●ノンクレジットオープニング
●予告集

【封入特典】
●スペシャルフォトブックレット(48ページ)

【出演】
松本潤
竹内結子
沢村一樹
桐谷美玲
笠原秀幸
永山絢斗
松重豊
伊東四朗(特別出演)
松坂慶子

【スタッフ】
脚本:大森美香
主題歌:「Lφve Rainbow」嵐(J-STORM)
挿入歌:「Please Stay With Me」YUI(Sony Music Records)
音楽:延近輝之
プロデューサー:三竿玲子
演出:澤田鎌作小原一隆
制作:フジテレビドラマ制作センター

(C)2010フジテレビ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「花より男子」シリーズの松本潤と『なくもんか』の竹内結子共演によるラブロマンスのBOX。頭でっかちで理屈っぽい二世俳優・楠大雅が、大きな問題を抱えながらも前向きに生きる女性・北村詩織と出会い、恋や仕事に奮闘する姿を描く。全10話を収録。




【このドラマを見た人の感想】


いや〜良かった。大満足です。
こんなに満足のいく特典は初めてかも…感動してます。
制作発表も、ほとんどフルで入ってたし、
メイキングが1時間以上も有ったし、
「放送直前胸キュンMAXスペシャル」も「、リュー・チェンとの対決」も関西では放送して頂けなくて、凄く見たかったので涙が出るほど嬉しいです。
あのキュンキュンするオープニングもノンクレジットで2パターンとも入ってて・・・
しかも封入の特製ポストカードが・・・・全部並べて額に入れて飾ってしまいたいです。
ドラマには、「なんで詩織さんを子持ちにしちゃったの?」とか色々思うところも有ったりしましたが、
9回満塁逆転ホームランみたいな・・・初回限定、買って良かった。


最初のインパクトが思ったよりも弱い感じでしたね。
出会い方がもっと刺激的だったら、もっと良かったかもと思いました。
でも、通して見ると主人公である大雅の成長が見れて良かったです。
凄く大きな山場、というシーンは無かったのですが、その分凄く爽やかで見ていて安心しました。
こう、恋愛ドラマ特有のわざとらしい山場って苦手なので。

父親の七光りで自分自身を見てくれないという葛藤と、問題点はちゃんと一生懸命克服しようという吃驚するくらい不器用な大雅に思わず応援せずにはいられませんでした。
そして、子役の海ちゃんと早口言葉で言い合いになる姿は実に見ていて微笑ましいです。
個人的にどの役も大好きで、嫌だって思う役の人が居なかったのが自分でも吃驚です。
是非、最後にどれだけ大雅が成長出来たのか優しく見守って欲しいです。

あと、オープニングが大好き過ぎて毎回リアルタイムに見ていたと言っても過言じゃありません(笑)

| doramarreturn | 竹内結子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プライド 木村拓哉, 竹内結子, 坂口憲二, 市川染五郎, 中越典子
JUGEMテーマ:SMAP
JUGEMテーマ:木村拓哉
JUGEMテーマ:竹内結子
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


プライド

【出演者のプロフィール】

木村拓哉, 竹内結子, 坂口憲二, 市川染五郎, 中越典子

2004年1月から3月に放送された、フジテレビ ”月9” ドラマ。アイスホッケー実業団チーム 「ブルースコーピオンズ」 のキャプテンを務める里中ハル(木村拓哉)を中心に、友情や恋愛を描いた青春ドラマ。特典ディスク付きの5枚組。
僕の中のキムタク主演のドラマで印象に残っていたのは「HERO」と「Good Luck!!」だったのですが、このプライドもその二作品とは違った味がありました。



ジャンルで言えば恋愛ドラマなのかも知れないけれども、ブルースコーピオンズのチーム内での人間関係や、ハルの人間性が徐々に変わっていく姿は、素直に共感できました。
僕が個人的に見たかったので借りて見ていたDVDだったのですが、いつの間にか親が早く次のディスクを借りて来いという始末。キャラ一人一人の個性やQUEENのテーマソングまでがしっかりマッチした、見応えある作品でした。最初にあげた2つに負けない名作です!!



【このドラマを見た人の感想】


ドラマはあまり観ないけど、これはすごく好きです。

古き良き時代の、
強くかっこいい男、
気高く、だけど優しい心の女

きっと憧れます。

アイスホッケーのシーンで流れる、
QUEENのメインテーマもすごくかっこいい!

自分もがんばらなきゃって気持ちになれる、
パワーに溢れたドラマです。
青臭さ全開だけど、そこは素直な心で観て欲しい。


様々な評価をされていますが、私はこれもステキな作品だったと思います。

木村さんは、”体育会系のハル”をすばらしく演じていられました。

『メイビー』『古きよき女』の台詞は、確かに古くさく感じるかもしれませんが、
私はこのドラマの個性のひとつだとも思います。

いろいろな角度から見ることで、ドラマの楽しみ方もひとつではないのでは。


迫力のホッケーシーン、熱い男の戦い、相手を思いやる気持ちが切なくさせるラブストーリー。クィーンの名曲が見る者の興奮を盛り上げる2004年最大のヒットドラマ。

アキ(竹内)はヒロインとして女性らしさが強調される。ママ扱いされたり(?)、60kg未満限定のスケート(?)で「...ヘンタイ」というセリフもかわいいが、たまに見せる毅然とした態度が彼女らしく魅力的。オープニングでborn to love youにのせて、アキが髪を振り乱してゴールを喜ぶ顔が、活発な性格をかいま見せて好きだ。

氷上のハル(木村)がカッコいい。努力家の木村はこのドラマのためにアイスホッケーの練習をずいぶんしたとか。チームリーダーとして、時に厳しい態度を取り、ハードなトレーニングにストイックな面も見せるが、アキに母性を求める面もあり、少年の心も感じさせる。

旅立った恋人を待つアキを、古き良き時代の女だとハルはいう。「古き良き時代」がこのドラマのキーワード、彼の生い立ちにも関わる(?)が、さらに含むところがあるのではと思う。21世紀も4年目の今頃になってと言われそうだが、世相は乱れ、連日悲惨なニュースが氾濫し、世紀末の様相を呈している。ハルは言う「ぬるい奴やずるい奴は許せない」と。今の世の中ずるい奴がのさばり、間違ったことがまかり通っている。

男は強くカッコよく、女は優しく美しい。努力すればいつか夢はかなう。世紀末の終焉を求め、新しい世紀にそんな古き良き時代の理想を呼びかけている気がしてならない。


映像作品を観てもあまり泣く事はないのですが、
良いドラマで、もう何回も鑑賞しました。
ハルとアキの関係。微妙な関係で進行して行きますが、
どうなるでしょう。
ハルのアキを思う心。
ハルはアイスホッケーは彼女を作ると手かせ足かせになるのでゲームから始まる関係ですが、
お互いの心の動きを見ていると心温まります。
竹内結子の可愛い言動もお薦め場面。
仲間って良いですね。
BOXでちょい購入も考えますが、これは買いです。

| doramarreturn | 竹内結子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あすか 竹内結子, 藤木直人
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


あすか 完全版

【出演者のプロフィール】

竹内結子, 藤木直人



和菓子の美しさに魅せられその世界に飛び込んだあすか(竹内結子)の半生記。京都の老舗・扇屋一心堂に弟子入りしたあすかは成功と失敗を繰り返しつつも着実に花形職人への道を歩む。あすかの考案した新商品で経営拡大を目指した扇屋一心堂だったが、のれん会からは不評を買い、退会処分を受け遂には倒産。生まれ故郷の奈良明日香村に戻った傷心のあすかだったが、10年の時を経て扇屋一心堂の再興を決意、孤軍奮闘を始める…。
竹内結子の出世作となったNHK朝の連続テレビ小説(1999年)。初々しい高校生から一人前の職人となる中年までをはつらつと演じている。相手役は当時デビュー3年目の藤木直人。若々しく清々しい夫婦役がまさに好印象。





絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?


【このドラマを見た人の感想】


懐かしいですね。

当時学生だったわたしは、第一回から最終回まで毎朝楽しみにして見ていました。一回も見逃したことはありません。

この作品は脚本、演出、役者の演技ともどもどれも高いレベルにあるのですが、わたしが特に気に入ったのは、あすかの少女時代の子役の子の演技です。

あの子は明るくて活発で演技がうまくて、なによりとても可愛いらしかった。
当時のわたしはあの子にもう夢中でしたね。あの子のおかげで毎日朝がくるのが楽しみになっていたんです。

今、再び見返してみてもやはりあの子はとても魅力的でした。
あすかの人気を支えているのはあの子の魅力の部分が大きかったのではないでしょうか。

本当によい作品に巡り合えたことを、わたしはとても幸せに感じます。
朝ドラの成功は、(脚本が良いのはもちろん大前提ですが)主役がどれだけ輝いているかにかかっていると思います。
 
 「あすか」の場合、まず子役時代の榎園実穂ちゃんがめちゃくちゃかわいい。
 ちょっと昔っぽい衣装と、美しい風景とあわせてノスタルジーに浸れます。
 
 そして大人時代は、竹内結子さん。
 後のドラマでも彼女が得意とするキャラクターである、「ひたむきで、不器用なくらい、まっすぐ一生懸命」な朝ドラの典型とも言える設定なのですが、彼女が演じると不思議と嫌味がなく、引きずり込まれてしまいます。
 
 相手役は、藤木直人さん。
 頭が良くて、優しくて、すこし優柔不断なところもある、というこの役柄は彼本来が持つ雰囲気にぴったりです。

 主人公とその相手役がこのふたりだったことが、まずは成功の基盤にあると思います。
 脇を固める俳優さんは、超ベテランで達者な人ばかり。
 それほど大きな役ではないところにも、う〜んと唸らせられる配役で(たとえば茶道の大家の三男が加納幸和さんだったり。)わくわくさせられます。

 お話も楽しくて、DVD13枚組ですが、つぎつぎと停まらず見続けてしまいました。
 ちなみにテーマミュージックも良いです。
リアルタイムで観ていたので、ほぼ10年ぶりに観ています。
竹内結子さんが初々しいです。しかし、それとは裏腹に演技すごいですね!
最初の数話は硬さが見えて、演技もまだまだと思っていましたが、ほんの
数話でまるで別人のように変わりました。

この朝の連ドラの特徴でもある「成長」
それはドラマの中の主人公の「成長」と共に、その女優さんもどんどん「成長」
をしていくのが分かります。
これもこの朝の連ドラの魅力かな?と思います。

しかし、あいかわらずNHKドラマの演出は酷いです。
子供のお遊戯会のようです。この朝の連ドラも例外ではありません。
が、何故か朝の連ドラはゆるせちゃいます。
主人公の半生や一生を描く朝の連ドラには不思議なくらい感情移入してしまいます。

何度も言いますが、演出は酷いです。
それでも、日本が誇るドラマシリーズだと思います。
伝説の朝ドラです。キャスト、ストーリー、音楽において神がかってました。正直最近のは見れたものではない。風のハルカは好きでしたが。その後はゴミ同然です。
オンエア当時、藤岡弘さんがあすかのお父さん役だったこともあって、毎日録画して見ていましたが、小さい頃のあすかの役の榎園美穂ちゃんがとても可愛いし、竹内結子さんもキラキラした魅力いっぱいのヒロインで一気にはまってしまいました。
ちょっと頑固で厳しい和菓子職人のお父さん=録太郎さんに厳しく鍛えられながらも、一生懸命なあすかの成長ぶりが丁寧に描かれている点も好感が持てます。
ちょっと頑固で仕事にとても厳しい典型的な職人気質の不器用なお父さん、そんなお父さんの代わりに優しくあすかをフォローするお母さんも存在感たっぷり!
他のわき役のメンバーも、今から思えば超豪華な実力派メンバーが揃っています。

特に藤岡さんのファンでもある私としては、このドラマで藤岡さんが演じたあすかのお父さん=禄太郎さんをひいき目なしで高く評価しています。
仮面ライダーがあまりに有名であり、アクション俳優としてのイメージが強い藤岡さんですが、頑固で厳しく不器用ながらも心に熱いものを持っている禄太郎さんのキャラクターの奥深い魅力は、藤岡さんでなければ出せなかったのではないだろうかと思うのです。
途中、禄太郎さんが悪いことに手を出してしまった若い職人を叱りつけ、その後熱い口調で励ますところがありますが、そのシーンは今でも印象に残っています。

そういえば最初の頃の話には、あすかがいじめられた時に禄太郎さんがいじめっ子を叱りつけて、あすかが「お父ちゃんは正義の味方や!」と言うほのぼのシーンがありましたが、最後もお店を復活させようと奮闘していたあすかが手を骨折してしまい、大ピンチになったところで禄太郎さんが正義の味方のごとく帰ってきて、あすかと一緒にお菓子を作りあげて見事にお店を復活させるという、藤岡さんファンにはたまらない演出もあります。
ストーリーの完成度が高いだけではなく、藤岡さんが新たな境地を拓いた作品としても是非お勧めしたい傑作です!


| doramarreturn | 竹内結子 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |