無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
のだめカンタービレ
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 

のだめカンタービレ

(ストーリー)
指揮者を目指す音大生千秋真一は、恵まれた音楽の才能を持ちながらも、自身
の将来について思い悩む日々を過ごしていた。担当教授との口論、おまけに別
れた恋人から手厳しい言葉を浴びたりと、すっかり自暴自棄になっていた。そ
んなある日、千秋はゴミだらけの部屋の中、美しいピアノソナタを奏でるある
女性の姿を目にする。それが千秋と野田恵(通称:のだめ)との出会いだった
。変わり者ののだめの言動にあきれる一方で、彼女の持つピアノの才能を感じ
た千秋は、のだめや大学内、オーケストラの面々との交流を深めてゆく。音楽
を通じて、彼ら自身の成長が描かれる、今までにないクラシックコメディーだ。


強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯(しんし)に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。音楽一家に育った千秋真一(玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。 それぞれに個性の強い演奏者たちが一堂に会するのがクラシックのオーケストラ。そんな誇り高き面々と独裁者たる指揮者がぶつかり合う場ゆえに、オーケストラのリハーサルはめっぽうおもしろい。当然、世界的巨匠・フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)が選りすぐりの風変わりな学生たちを選抜して組織したSオケを、千秋が指揮することになる展開がおもしろくないはずがないのである。 実写の強みをフルに生かしたクラシック音楽の魅力は全編に散りばめられており、コミック的な映像処理をほどこしたドタバタやベタギャグがどれだけ連打されようとも、音楽はすばらしいという世界観が揺らぐことがないのは頼もしい限り。ドラマ中のBGMが基本的にクラシックのみという徹底ぶりも潔い。とりわけ、テーマ曲としてベートーヴェンの交響曲第7番をピックアップしているところが、まさにこの作品のスタンスを物語っている。つまり標題のある「運命」や「第九」といった有名曲に比肩する名曲をドラマの中心に据えているのだから、クラシックになじみのない視聴者へのフレッシュなインパクトはいっそう強いはずだ。この物語が非クラシックファンへのクラシックの訴求を任としているとすれば、これほどに真っ当な選択肢はないのである。 コンスタントに奇声を発するその日常ともども、エキセントリックなまでにピアノに熱狂するその弾き姿が天才肌のそれっぽくて説得力満点なのだめ役の上野樹里と、ひやっとするほどにクールな千秋役の玉木宏とのバランスも絶妙。クラシック音楽とコミカルな笑いとを融合させた大変貴重なドラマである。なお、第1話には千秋の音楽の恩師・指揮者のセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で、人気指揮者のズデニェク・マーツァルが登場する。

出演者のプロフィール
上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介




購入者の口コミ


私は40台半ばにさしかかろうとしている男性ではありますが、まさか私が少女漫画原作のドラマを楽しみに毎週月曜日9時に時間をあわせて、リビングに陣取るなんて思いもしませんでした。

このドラマは、もちろんスト−リ−やキャスティングもすばらしくそれだけでも面白い作品ですが、一番すばらしいのは音楽に対する真剣な姿勢ではないかと思います。
毎回すばらしい音楽に魅了され、演奏シ−ンを楽しみに見ていました。

なんとコミックスも全巻そろえ、サントラも入手いたしました。
もともとロックが好きな私に、クラシックのすばらしさを教えてくれ、漫画も捨てたもんじゃないなぁと思わせくれた作品で、近年では貴重な体験でした。

良いものを作ろうと言うスタッフの熱意が伝わる傑作で、最近では少ない家族でそろって見れる、すばらしい作品です。
個人的にこの作品に出会えたことに感謝いたします


作品自体のレビューはみなさん書かれているのでお任せしたいと思います。

「初回生産限定」と書いてあるのでもう入手するのは難しいかもしれませんが、このBOXの特典はかなり充実しています。

特典ディスク・のだめストラップ・のだめてぬぐい・ブックレットが付いてきます。

てぬぐいもストラップもとても可愛らしく、のだめの世界観をよく表現しています。

ブックレットもフルカラーで24Pとかなり頑張っていて「のだめで楽しむオーケストラ入門」なんていう読み物もあります。

極めつけは特典ディスクで約135分もの特典映像が収録されています。

「のだめと個性的な仲間たち」(約11分)

「上野樹里・玉木宏スペシャルインタビュー」(約36分)

「出演者お気に入りの曲」(約16分)

「のだめカンタービレができるまで」(約38分)

「のだめクラシックの世界」(約28分)

とドラマ版のだめファンの方なら楽しめることは間違いない内容です。

おそらく手に入りづらくなると思うので、入手のチャンスを見つけたら購入をお勧めします。

特典でこれくらい頑張ってもらえれば購入意欲も倍増するので今後も頑張って欲しいです。


正直、ドラマ化が決定した時は、「改悪ドラマになるのでは・・・」と不安がよぎりました。
何故かと言うと、この作品の面白さを実写で表現するのは、相当な手間が掛かるのではないかと思ったからです。
それは、のだめの核である音楽であったり、登場人物、コメディであったり色々な面でどうなってしまうのかなと・・・。
まあ、私の場合キャスティング(個人的にのだめと千秋が原作そっくり!)とクラシックが主題歌になるという時点でそれだけでいいやとか思ってましたが、予想以上の出来で毎週楽しみになりました。(笑)
実際、セミナーに行ってきた人の話だと、相当試行錯誤して作っていたのだろうというのが伺えます。

1話で千秋が楽譜を投げるシーンはかなり思い切ってやってましたが
意外に原作未読の人にも受け入れられていました。
コメディが差ほど寒くならなかったのは、監督の実力の賜物と言うべきでしょうか・・・。
演奏シーンも実写ならではの迫力で頑張っていました。
キャストも結構考えて選んでくれたかなと思いますね。

でも、原作に忠実にするだけではなく、ドラマならではの面白さも確立されていました。
ドラマなりに改変した部分は多少はありましたが、原作者と前もって話し合った様だし原作を無視しているわけでは決してなかったと思います。

原作を大切にしつつ、ドラマとしての華やかさがあった作品でした。
今のドラマ界は原作漫画のドラマで溢れていますが、原作の面白さをドラマで生かせると思うならドラマ化するべきでしょう。
単にネタがないから原作漫画を頻繁に使おうとするのが今の現状なんでしょうけどね・・・。


現在の商品には付属しない、初 回特典ディスクはぜひ多くの方に観てもらいたい内容です。
収録時間「本編540分+特典135分」となり、ボリュームもしっかりあります。

1「のだめと個性的な仲間たち (約11分半)」
主要キャラ12名の紹介、その役者さんのインタビュー、撮影の裏側といったもの。

2「上野樹里・玉木宏スペシャルインタビュー (約36分半)」
上野さん(約22分)・玉木さん(約14分半)への、
おそらくドラマ撮影終了後の DVD用の撮り下ろしインタビュー。

3「出演者お気に入りの曲 (約16分半)」
出演者インタビューと、ドラマでの曲のシーンを7曲収録。

4「のだめカンタービレができるまで (約40分半)」
制作発表、スーパースロー撮影の裏側、出演者インタビュー、
出演者演奏練習の裏側、クランクアップのコメント、NGシーンなど。
原作のような白目をするのは玉木さんからのアイディアだったとわかったり
竹中さんのNGシーンはどれも爆笑します。

5「のだめクラシックの世界 (約28分半)」
5a のだめコンサートの様子 (約14分半)
2006/12/22公演のダイジェスト。上野さん・玉木さんらも少し登場。
5b チェコ組曲 (約5分半)
ヴィエラ指揮コンサート素材
5c ベートーヴェン 交響曲第7番 (約8分半)
最終回の演奏シーンをセリフやモノローグをカットし 映像と音楽だけにしたもの。

これだけ充実している特典ディスクを見ることができる人が限られるのは非常に残念。
ストラップ・てぬぐい・ブックレットも とは言いませんが、
劇場版公開の際には 特典ディスク付きDVDBOX再発 またはBlu-ray版発売を切に願う。


今回、正月特番として企画製作された「inヨーロッパ」を見た。
そして、それへの布石として一気に再放送された全12話分も途中からだが見た。そして思った。今まで私が「のだめ」を誤解し、また舐めていたということに……。

本放送を見なかったこと、さらには原作すら読んでいないこと、アニメもそうだ。そして軽い気持ちで(ほとんど正月のヒマつぶしのために)今回のだめに接し、録画すらしていなかった自分を呪った。

この作品は、全編に渡ってコミック風のギャグが散りばめられ、コミカルな乗りでありながら真摯に「クラシック音楽」に向き合う人々を描いた、紛れもなく「音楽ドラマの傑作」である。誤解を招くかもしれないが、同じクラシックをテーマとした作品として見るなら、かの「アマデウス」にも匹敵し得る、否、気軽に接することができるという点を加味すれば、凌駕すると言っても過言ではないだろうと思う。

先ほど私は「のだめ」を舐めていたと書いた。
私はいわゆるクラシックファンであるが、「クラシックは高尚」という言い方や見方が大嫌いで「もっと気楽に聴こうよ、所詮は昔のヒット音楽なんだから」と常々主張してきた。そんな私が「気軽でいて奥深い」『のだめ』を軽く見、舐めていたのだから世話がない。気楽に行こうよと思いつつ、いつしかクラシックを愛聴する自分自身を高い位置に置き、クラシックが分からないと言う人たちを見下していたのだ。

このレビューを書いたあとDVDを注文するつもりだ。
これが「のだめ」を誤解し舐めていたことへの罪滅ぼしになどなるわけもないが、これは純粋に楽しめる「音楽ドラマ」である。
私と同じようにクラシックが好きな人の中には、今回の私のように「のだめ」を誤解し「あんなクラシック音楽を小馬鹿にしたようなモノ」と思っている人もいるかもしれない。
私はそんな人たちに向けてもこの言葉をかけたい。

『のだめカンタービレ』は音楽ドラマの大傑作だ、と。


実はこのドラマはリアルタイムではまったく観ませんでした。
自分は原作至上主義なとこがあったので気にもしてませんでした。
しかし、友人に「のだめのドラマの出来はすばらしいよ」と薦められ
他の友人にも薦められ「漫画好きの二人が言うのなら・・・」と
観たこともないのにイキナリこのDVDボックス購入しました。
もちろんドラマのDVDなんて買うのは人生初です。

最初の30分ぐらい、キャラ紹介にあたる部分はさすがに面食らいました。
だってミルヒーが竹中直人w。マジかよ!?って感じでした。
しかし!もしも無難に外人俳優を充てていたらこれほど面白くならなかったのは確実。
千秋がのだめを張り倒すシーンなどでのマネキンを使った特撮。
特撮とすら言えない様な胴体着陸シーン・・・どれもが面白い。
制作スタッフの原作に対する愛情・撮影への熱意が空回りせず
とても気持ちよく画面に現れています。
そして何よりオーケストラの演奏シーンの迫力!鳥肌立ちました。
これは漫画には逆立ちしても出すことの不可能な迫力です。

このドラマで原作もさらに好きになりました。
そしてこのドラマ制作スタッフに感謝します。
こんな傑作を撮ってくれてありがとう。



ギャンブル関連本

芸能人・アイドルの写真集を見る
芸能人・アイドルのイメージ動画をみる
野球の本紹介

日本ドラマ同好会
日本のドラマを紹介!昔懐かしいドラマから最近のドラマ情報が楽しめます。
ギャンブラー.com
パチンコ・スロット・競馬などなどさまざまなギャンブルの必勝法などもご紹介します!

| doramarreturn | 上野樹里 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
のだめカンタービレ 上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介
JUGEMテーマ:上野樹里
JUGEMテーマ:のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

(ストーリー)
指揮者を目指す音大生千秋真一は、恵まれた音楽の才能を持ちながらも、自身
の将来について思い悩む日々を過ごしていた。担当教授との口論、おまけに別
れた恋人から手厳しい言葉を浴びたりと、すっかり自暴自棄になっていた。そ
んなある日、千秋はゴミだらけの部屋の中、美しいピアノソナタを奏でるある
女性の姿を目にする。それが千秋と野田恵(通称:のだめ)との出会いだった
。変わり者ののだめの言動にあきれる一方で、彼女の持つピアノの才能を感じ
た千秋は、のだめや大学内、オーケストラの面々との交流を深めてゆく。音楽
を通じて、彼ら自身の成長が描かれる、今までにないクラシックコメディーだ。


強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯(しんし)に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。音楽一家に育った千秋真一(玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。 それぞれに個性の強い演奏者たちが一堂に会するのがクラシックのオーケストラ。そんな誇り高き面々と独裁者たる指揮者がぶつかり合う場ゆえに、オーケストラのリハーサルはめっぽうおもしろい。当然、世界的巨匠・フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)が選りすぐりの風変わりな学生たちを選抜して組織したSオケを、千秋が指揮することになる展開がおもしろくないはずがないのである。 実写の強みをフルに生かしたクラシック音楽の魅力は全編に散りばめられており、コミック的な映像処理をほどこしたドタバタやベタギャグがどれだけ連打されようとも、音楽はすばらしいという世界観が揺らぐことがないのは頼もしい限り。ドラマ中のBGMが基本的にクラシックのみという徹底ぶりも潔い。とりわけ、テーマ曲としてベートーヴェンの交響曲第7番をピックアップしているところが、まさにこの作品のスタンスを物語っている。つまり標題のある「運命」や「第九」といった有名曲に比肩する名曲をドラマの中心に据えているのだから、クラシックになじみのない視聴者へのフレッシュなインパクトはいっそう強いはずだ。この物語が非クラシックファンへのクラシックの訴求を任としているとすれば、これほどに真っ当な選択肢はないのである。 コンスタントに奇声を発するその日常ともども、エキセントリックなまでにピアノに熱狂するその弾き姿が天才肌のそれっぽくて説得力満点なのだめ役の上野樹里と、ひやっとするほどにクールな千秋役の玉木宏とのバランスも絶妙。クラシック音楽とコミカルな笑いとを融合させた大変貴重なドラマである。なお、第1話には千秋の音楽の恩師・指揮者のセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で、人気指揮者のズデニェク・マーツァルが登場する。

出演者のプロフィール
上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介




購入者の口コミ


私は40台半ばにさしかかろうとしている男性ではありますが、まさか私が少女漫画原作のドラマを楽しみに毎週月曜日9時に時間をあわせて、リビングに陣取るなんて思いもしませんでした。

このドラマは、もちろんスト−リ−やキャスティングもすばらしくそれだけでも面白い作品ですが、一番すばらしいのは音楽に対する真剣な姿勢ではないかと思います。
毎回すばらしい音楽に魅了され、演奏シ−ンを楽しみに見ていました。

なんとコミックスも全巻そろえ、サントラも入手いたしました。
もともとロックが好きな私に、クラシックのすばらしさを教えてくれ、漫画も捨てたもんじゃないなぁと思わせくれた作品で、近年では貴重な体験でした。

良いものを作ろうと言うスタッフの熱意が伝わる傑作で、最近では少ない家族でそろって見れる、すばらしい作品です。
個人的にこの作品に出会えたことに感謝いたします


作品自体のレビューはみなさん書かれているのでお任せしたいと思います。

「初回生産限定」と書いてあるのでもう入手するのは難しいかもしれませんが、このBOXの特典はかなり充実しています。

特典ディスク・のだめストラップ・のだめてぬぐい・ブックレットが付いてきます。

てぬぐいもストラップもとても可愛らしく、のだめの世界観をよく表現しています。

ブックレットもフルカラーで24Pとかなり頑張っていて「のだめで楽しむオーケストラ入門」なんていう読み物もあります。

極めつけは特典ディスクで約135分もの特典映像が収録されています。

「のだめと個性的な仲間たち」(約11分)

「上野樹里・玉木宏スペシャルインタビュー」(約36分)

「出演者お気に入りの曲」(約16分)

「のだめカンタービレができるまで」(約38分)

「のだめクラシックの世界」(約28分)

とドラマ版のだめファンの方なら楽しめることは間違いない内容です。

おそらく手に入りづらくなると思うので、入手のチャンスを見つけたら購入をお勧めします。

特典でこれくらい頑張ってもらえれば購入意欲も倍増するので今後も頑張って欲しいです。


正直、ドラマ化が決定した時は、「改悪ドラマになるのでは・・・」と不安がよぎりました。
何故かと言うと、この作品の面白さを実写で表現するのは、相当な手間が掛かるのではないかと思ったからです。
それは、のだめの核である音楽であったり、登場人物、コメディであったり色々な面でどうなってしまうのかなと・・・。
まあ、私の場合キャスティング(個人的にのだめと千秋が原作そっくり!)とクラシックが主題歌になるという時点でそれだけでいいやとか思ってましたが、予想以上の出来で毎週楽しみになりました。(笑)
実際、セミナーに行ってきた人の話だと、相当試行錯誤して作っていたのだろうというのが伺えます。

1話で千秋が楽譜を投げるシーンはかなり思い切ってやってましたが
意外に原作未読の人にも受け入れられていました。
コメディが差ほど寒くならなかったのは、監督の実力の賜物と言うべきでしょうか・・・。
演奏シーンも実写ならではの迫力で頑張っていました。
キャストも結構考えて選んでくれたかなと思いますね。

でも、原作に忠実にするだけではなく、ドラマならではの面白さも確立されていました。
ドラマなりに改変した部分は多少はありましたが、原作者と前もって話し合った様だし原作を無視しているわけでは決してなかったと思います。

原作を大切にしつつ、ドラマとしての華やかさがあった作品でした。
今のドラマ界は原作漫画のドラマで溢れていますが、原作の面白さをドラマで生かせると思うならドラマ化するべきでしょう。
単にネタがないから原作漫画を頻繁に使おうとするのが今の現状なんでしょうけどね・・・。


現在の商品には付属しない、初 回特典ディスクはぜひ多くの方に観てもらいたい内容です。
収録時間「本編540分+特典135分」となり、ボリュームもしっかりあります。

1「のだめと個性的な仲間たち (約11分半)」
主要キャラ12名の紹介、その役者さんのインタビュー、撮影の裏側といったもの。

2「上野樹里・玉木宏スペシャルインタビュー (約36分半)」
上野さん(約22分)・玉木さん(約14分半)への、
おそらくドラマ撮影終了後の DVD用の撮り下ろしインタビュー。

3「出演者お気に入りの曲 (約16分半)」
出演者インタビューと、ドラマでの曲のシーンを7曲収録。

4「のだめカンタービレができるまで (約40分半)」
制作発表、スーパースロー撮影の裏側、出演者インタビュー、
出演者演奏練習の裏側、クランクアップのコメント、NGシーンなど。
原作のような白目をするのは玉木さんからのアイディアだったとわかったり
竹中さんのNGシーンはどれも爆笑します。

5「のだめクラシックの世界 (約28分半)」
5a のだめコンサートの様子 (約14分半)
2006/12/22公演のダイジェスト。上野さん・玉木さんらも少し登場。
5b チェコ組曲 (約5分半)
ヴィエラ指揮コンサート素材
5c ベートーヴェン 交響曲第7番 (約8分半)
最終回の演奏シーンをセリフやモノローグをカットし 映像と音楽だけにしたもの。

これだけ充実している特典ディスクを見ることができる人が限られるのは非常に残念。
ストラップ・てぬぐい・ブックレットも とは言いませんが、
劇場版公開の際には 特典ディスク付きDVDBOX再発 またはBlu-ray版発売を切に願う。


今回、正月特番として企画製作された「inヨーロッパ」を見た。
そして、それへの布石として一気に再放送された全12話分も途中からだが見た。そして思った。今まで私が「のだめ」を誤解し、また舐めていたということに……。

本放送を見なかったこと、さらには原作すら読んでいないこと、アニメもそうだ。そして軽い気持ちで(ほとんど正月のヒマつぶしのために)今回のだめに接し、録画すらしていなかった自分を呪った。

この作品は、全編に渡ってコミック風のギャグが散りばめられ、コミカルな乗りでありながら真摯に「クラシック音楽」に向き合う人々を描いた、紛れもなく「音楽ドラマの傑作」である。誤解を招くかもしれないが、同じクラシックをテーマとした作品として見るなら、かの「アマデウス」にも匹敵し得る、否、気軽に接することができるという点を加味すれば、凌駕すると言っても過言ではないだろうと思う。

先ほど私は「のだめ」を舐めていたと書いた。
私はいわゆるクラシックファンであるが、「クラシックは高尚」という言い方や見方が大嫌いで「もっと気楽に聴こうよ、所詮は昔のヒット音楽なんだから」と常々主張してきた。そんな私が「気軽でいて奥深い」『のだめ』を軽く見、舐めていたのだから世話がない。気楽に行こうよと思いつつ、いつしかクラシックを愛聴する自分自身を高い位置に置き、クラシックが分からないと言う人たちを見下していたのだ。

このレビューを書いたあとDVDを注文するつもりだ。
これが「のだめ」を誤解し舐めていたことへの罪滅ぼしになどなるわけもないが、これは純粋に楽しめる「音楽ドラマ」である。
私と同じようにクラシックが好きな人の中には、今回の私のように「のだめ」を誤解し「あんなクラシック音楽を小馬鹿にしたようなモノ」と思っている人もいるかもしれない。
私はそんな人たちに向けてもこの言葉をかけたい。

『のだめカンタービレ』は音楽ドラマの大傑作だ、と。


実はこのドラマはリアルタイムではまったく観ませんでした。
自分は原作至上主義なとこがあったので気にもしてませんでした。
しかし、友人に「のだめのドラマの出来はすばらしいよ」と薦められ
他の友人にも薦められ「漫画好きの二人が言うのなら・・・」と
観たこともないのにイキナリこのDVDボックス購入しました。
もちろんドラマのDVDなんて買うのは人生初です。

最初の30分ぐらい、キャラ紹介にあたる部分はさすがに面食らいました。
だってミルヒーが竹中直人w。マジかよ!?って感じでした。
しかし!もしも無難に外人俳優を充てていたらこれほど面白くならなかったのは確実。
千秋がのだめを張り倒すシーンなどでのマネキンを使った特撮。
特撮とすら言えない様な胴体着陸シーン・・・どれもが面白い。
制作スタッフの原作に対する愛情・撮影への熱意が空回りせず
とても気持ちよく画面に現れています。
そして何よりオーケストラの演奏シーンの迫力!鳥肌立ちました。
これは漫画には逆立ちしても出すことの不可能な迫力です。

このドラマで原作もさらに好きになりました。
そしてこのドラマ制作スタッフに感謝します。
こんな傑作を撮ってくれてありがとう。



ギャンブル関連本

芸能人・アイドルの写真集を見る
芸能人・アイドルのイメージ動画をみる
野球の本紹介
| doramarreturn | 上野樹里 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
のだめカンタービレ 上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

のだめカンタービレ

 
強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯(しんし)に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。音楽一家に育った千秋真一玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。
それぞれに個性の強い演奏者たちが一堂に会するのがクラシックのオーケストラ。そんな誇り高き面々と独裁者たる指揮者がぶつかり合う場ゆえに、オーケストラのリハーサルはめっぽうおもしろい。当然、世界的巨匠・フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)が選りすぐりの風変わりな学生たちを選抜して組織したSオケを、千秋が指揮することになる展開がおもしろくないはずがないのである。

実写の強みをフルに生かしたクラシック音楽の魅力は全編に散りばめられており、コミック的な映像処理をほどこしたドタバタやベタギャグがどれだけ連打されようとも、音楽はすばらしいという世界観が揺らぐことがないのは頼もしい限り。ドラマ中のBGMが基本的にクラシックのみという徹底ぶりも潔い。とりわけ、テーマ曲としてベートーヴェン交響曲第7番をピックアップしているところが、まさにこの作品のスタンスを物語っている。つまり標題のある「運命」や「第九」といった有名曲に比肩する名曲をドラマの中心に据えているのだから、クラシックになじみのない視聴者へのフレッシュなインパクトはいっそう強いはずだ。この物語が非クラシックファンへのクラシックの訴求を任としているとすれば、これほどに真っ当な選択肢はないのである。

コンスタントに奇声を発するその日常ともども、エキセントリックなまでにピアノに熱狂するその弾き姿が天才肌のそれっぽくて説得力満点なのだめ役の上野樹里と、ひやっとするほどにクールな千秋役の玉木宏とのバランスも絶妙。クラシック音楽とコミカルな笑いとを融合させた大変貴重なドラマである。なお、第1話には千秋の音楽の恩師・指揮者のセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で、人気指揮者のズデニェク・マーツァルが登場する。

出演者のプロフィール

上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介



【このドラマを見た人の感想】


私は40台半ばにさしかかろうとしている男性ではありますが、まさか私が少女漫画原作のドラマを楽しみに毎週月曜日9時に時間をあわせて、リビングに陣取るなんて思いもしませんでした。

このドラマは、もちろんスト−リ−やキャスティングもすばらしくそれだけでも面白い作品ですが、一番すばらしいのは音楽に対する真剣な姿勢ではないかと思います。
毎回すばらしい音楽に魅了され、演奏シ−ンを楽しみに見ていました。

なんとコミックスも全巻そろえ、サントラも入手いたしました。
もともとロックが好きな私に、クラシックのすばらしさを教えてくれ、漫画も捨てたもんじゃないなぁと思わせくれた作品で、近年では貴重な体験でした。

良いものを作ろうと言うスタッフの熱意が伝わる傑作で、最近では少ない家族でそろって見れる、すばらしい作品です。
個人的にこの作品に出会えたことに感謝いたします

正直、ドラマ化が決定した時は、「改悪ドラマになるのでは・・・」と不安がよぎりました。
何故かと言うと、この作品の面白さを実写で表現するのは、相当な手間が掛かるのではないかと思ったからです。
それは、のだめの核である音楽であったり、登場人物、コメディであったり色々な面でどうなってしまうのかなと・・・。
まあ、私の場合キャスティング(個人的にのだめと千秋が原作そっくり!)とクラシックが主題歌になるという時点でそれだけでいいやとか思ってましたが、予想以上の出来で毎週楽しみになりました。(笑)
実際、セミナーに行ってきた人の話だと、相当試行錯誤して作っていたのだろうというのが伺えます。

1話で千秋が楽譜を投げるシーンはかなり思い切ってやってましたが
意外に原作未読の人にも受け入れられていました。
コメディが差ほど寒くならなかったのは、監督の実力の賜物と言うべきでしょうか・・・。
演奏シーンも実写ならではの迫力で頑張っていました。
キャストも結構考えて選んでくれたかなと思いますね。

でも、原作に忠実にするだけではなく、ドラマならではの面白さも確立されていました。
ドラマなりに改変した部分は多少はありましたが、原作者と前もって話し合った様だし原作を無視しているわけでは決してなかったと思います。

原作を大切にしつつ、ドラマとしての華やかさがあった作品でした。
今のドラマ界は原作漫画のドラマで溢れていますが、原作の面白さをドラマで生かせると思うならドラマ化するべきでしょう。
単にネタがないから原作漫画を頻繁に使おうとするのが今の現状なんでしょうけどね・・・。


あのオーケストラ部分をどう撮るのか大変興味があり、エキストラに応募したのです。
早朝より深夜まで、一瞬のカットに何十分も時間をかけるということの繰り返しでした。
オーケストラ部分の撮り方は・・面白かったです。

カメラが客席に向かっているカットで、自分が映っていないときでも真剣そのもの、手を抜かずに演技している玉木さんに感心しました。
上野さんもたくさんのエキストラに気を遣う様子に好感が持てました。

原作の面白さもさることながら、この配役でこそ、の面白さだなーと実感しました。


名作ドラマリターン 過去から現在の懐かしいドラマ・人気ドラマを紹介しています。
絶対読もう!野球ファン向けの本 野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
My スイーツ・お菓子! お勧め・人気・珍しい・スイーツ・お菓子を紹介!
ギャンブラー.com ギャンブラーにとってありがたい本を紹介します!
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?
ザ・写真集口コミ情報局 アイドル・グラビア・女優アイドル・グラビア・女優の写真集を紹介!
| doramarreturn | 上野樹里 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |