無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
太陽にほえろ! 1981
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

太陽にほえろ! 1981

【出演者のプロフィール】

木之元亮, 竜雷太, 山下真司, 露口茂, 神田正輝






1981年に放送されたエピソードをDVD化。
第439話「ボスの告発」から第463話「六月の鯉のぼり」までの1981年前半に放映された25作品を収録!
七曲署を飛び出し、雪山ロケにて、ドック刑事(西條 昭・神田正輝)がスキーでプロ並みの腕を披露することになった第449話「ドック刑事雪山に舞う」。
視聴者からの斬新な投稿を基に作られた、第452話「山さんがボスを撃つ!? 」。
ゴリさん(石塚 誠・竜 雷太)の恋人が、耳の不自由な設定で、ドラマの中に手話通訳が入った、第462話「あなたにその声が聞こえるか? 」。
など、シリーズの中でも実験的な試みが多かった、見応えのある作品の多い1981年前半放映作品を、豪華出演陣による特典映像付のDVD7枚組に収録。








【このドラマを見た人の感想】


 ドック登場後 半年を過ぎ、ようやく裏番組のブームも去り、太陽復活の兆しも見えてきた81年 5月、ボスが病に倒れる。


その病状はワイドショーだけではなく、一般紙面やニュースでも毎日のように 報道されていた。 成功率3%ともいわれる大手術を乗り越えて、ボスはその年クリスマスに戻ってくる。


 その復活劇は 今回ではなく BOX2に収録されるであろうが、今回のBOX収録作品では なんといっても 本放送では 3月末に放映された 前後編の 「山さんがボスを撃つ1?」 「俺を撃て!山さん」でしょう。 


 原案が当時の女子高生だったというのも驚異ですが、ドッグ登場以来 コメディタッチになっていた作風に 久々のハードな作品。 


  ネタバレになってしまうので、未見の方は じっくり見ていただくとして、その感動覚めやらぬ中 放映直後の4月、沖雅也氏の事故(自殺未遂だったようだが)によるスコッチ欠場(番組初期を除き、レギュラー刑事の欠場は初めて)のニュースが飛び込み、ほどなくして 石原氏の大病と 好事魔多しとばかり 太陽に試練が。


これまでにも骨折や舌癌の手術になっても撮影優先で出演してきたボスが大動脈瘤破裂で出演どころか命の危険にさらされます。
緊急大手術で半年間の欠場、その直前にはスコッチも交通事故で欠場です。

その時思ったのが、やはりボスとスコッチは「太陽」の顔で欠かせない存在だったんだなぁということ。

ディスク1の「ボスの告発」は珍しく性犯罪を取り上げ、女子高生を守るボスの活躍です、そして前後編の「山さんがボスを撃つ?!」「俺を撃て!山さん」は
大人の方にも楽しんでいただけると露口茂が当時コメントしていました。ストーリーが面白いです!

「サギ師入門」から長期欠場しますがラストカットにボスがいないのが変な感じがしたのと新鮮な感じもしました、確か作品内では藤堂俊介不在理由が語られてなかったと思います。(番組テロップでは石原裕次郎、病気により・・・・は流れましたが)

そんな’81のBOXですが「ゴリ、勝負一発!」「ボス、俺が行きます」「あなたにその声が聞こえますか?」は、ゴリさん主演でどれも印象に残る作品です。
それにジーパン刑事のテーマに乗ってのアクションは盛り上がるし、後に恋人となる麻生晴子の初登場編は素敵なキャラクターになってます。
そうそう、ラガー役の渡辺徹のテスト出演の回も入って、スコッチも「六月の鯉のぼり」で6週間ぶりに復帰しますよ(薬の副作用で太ってしまったのは可哀想でしたが)

ボスの復帰まで役者、スタッフが一丸となって「太陽」の危機を乗り越えようと頑張った’81のBOXTとUはそんな思いがヒシヒシと伝わってきます。

| doramarreturn | 太陽にほえろ! | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太陽にほえろ! 1981 木之元亮, 竜雷太, 山下真司, 露口茂, 神田正輝
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

太陽にほえろ! 1981

【出演者のプロフィール】

木之元亮, 竜雷太, 山下真司, 露口茂, 神田正輝






1981年に放送されたエピソードをDVD化。
第439話「ボスの告発」から第463話「六月の鯉のぼり」までの1981年前半に放映された25作品を収録!
七曲署を飛び出し、雪山ロケにて、ドック刑事(西條 昭・神田正輝)がスキーでプロ並みの腕を披露することになった第449話「ドック刑事雪山に舞う」。
視聴者からの斬新な投稿を基に作られた、第452話「山さんがボスを撃つ!? 」。
ゴリさん(石塚 誠・竜 雷太)の恋人が、耳の不自由な設定で、ドラマの中に手話通訳が入った、第462話「あなたにその声が聞こえるか? 」。
など、シリーズの中でも実験的な試みが多かった、見応えのある作品の多い1981年前半放映作品を、豪華出演陣による特典映像付のDVD7枚組に収録。








【このドラマを見た人の感想】


 ドック登場後 半年を過ぎ、ようやく裏番組のブームも去り、太陽復活の兆しも見えてきた81年 5月、ボスが病に倒れる。


その病状はワイドショーだけではなく、一般紙面やニュースでも毎日のように 報道されていた。 成功率3%ともいわれる大手術を乗り越えて、ボスはその年クリスマスに戻ってくる。


 その復活劇は 今回ではなく BOX2に収録されるであろうが、今回のBOX収録作品では なんといっても 本放送では 3月末に放映された 前後編の 「山さんがボスを撃つ1?」 「俺を撃て!山さん」でしょう。 


 原案が当時の女子高生だったというのも驚異ですが、ドッグ登場以来 コメディタッチになっていた作風に 久々のハードな作品。 


  ネタバレになってしまうので、未見の方は じっくり見ていただくとして、その感動覚めやらぬ中 放映直後の4月、沖雅也氏の事故(自殺未遂だったようだが)によるスコッチ欠場(番組初期を除き、レギュラー刑事の欠場は初めて)のニュースが飛び込み、ほどなくして 石原氏の大病と 好事魔多しとばかり 太陽に試練が。


これまでにも骨折や舌癌の手術になっても撮影優先で出演してきたボスが大動脈瘤破裂で出演どころか命の危険にさらされます。
緊急大手術で半年間の欠場、その直前にはスコッチも交通事故で欠場です。

その時思ったのが、やはりボスとスコッチは「太陽」の顔で欠かせない存在だったんだなぁということ。

ディスク1の「ボスの告発」は珍しく性犯罪を取り上げ、女子高生を守るボスの活躍です、そして前後編の「山さんがボスを撃つ?!」「俺を撃て!山さん」は
大人の方にも楽しんでいただけると露口茂が当時コメントしていました。ストーリーが面白いです!

「サギ師入門」から長期欠場しますがラストカットにボスがいないのが変な感じがしたのと新鮮な感じもしました、確か作品内では藤堂俊介不在理由が語られてなかったと思います。(番組テロップでは石原裕次郎、病気により・・・・は流れましたが)

そんな’81のBOXですが「ゴリ、勝負一発!」「ボス、俺が行きます」「あなたにその声が聞こえますか?」は、ゴリさん主演でどれも印象に残る作品です。
それにジーパン刑事のテーマに乗ってのアクションは盛り上がるし、後に恋人となる麻生晴子の初登場編は素敵なキャラクターになってます。
そうそう、ラガー役の渡辺徹のテスト出演の回も入って、スコッチも「六月の鯉のぼり」で6週間ぶりに復帰しますよ(薬の副作用で太ってしまったのは可哀想でしたが)

ボスの復帰まで役者、スタッフが一丸となって「太陽」の危機を乗り越えようと頑張った’81のBOXTとUはそんな思いがヒシヒシと伝わってきます。

| doramarreturn | 太陽にほえろ! | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |