無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
北の国から 87 初恋 [DVD] 出演: 田中邦衛, 吉岡秀隆
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 

北の国から 87 初恋 [DVD]

出演: 田中邦衛, 吉岡秀隆

北海道の富良野を舞台に、情けなく、みっともなく、しかし同時に逞しくも生き続けていく黒板家とその周囲の人々の人生を描く人気ドラマのスペシャル版第3作。今回のメインとなるエピソードは、純の初恋。少女・れいとの出会いを通して大きく成長していく純。それはやがて父の五郎を越えていくことでもある。また、連続ドラマ時代のエピソードである草太とつららのドラマにも、つらら不在ではあるが一つの決着がつけられ、代わりに2人の共通の友人であったアイコが初登場。草太との今後を期待させる役回りを演じる。子はいつか親を乗り越え、旅立っていくということをしっかりと描ききった、シリーズ代表作のひとつ。なお、物わかりのいい、いわゆる「いい子」の蛍は本作で見納めとなる。


有名芸能人・アイドルのイメージ動画集
レトルト食品.com レトルトで簡単調理!
グルメ取り寄せ.net 食品・グルメのボータルサイト。
無料で参加できる!野球シュミレーション育成ゲーム。
inbull.comは ダーツバー、ダーツショップが検索できるダーツスポット検索サイト





【このドラマを見た人の感想】

純とれいちゃん(横山めぐみ)との初恋を描いた名作!

二人の本当に中学生の頃の真っ直ぐで純粋な気持ちが随所からにじみ出ていて、
自分の思春期の頃の純粋だった気持ちを思い出してしまう事でしょう。
しかも富良野や美瑛の四季移ろいゆく風景がとても美しいこと。

家庭の事情で、夢をあきらめ、純の前からも人知れず去って行かなければ

ならなかったれいの心。雪の上に残った、一回振り返って、去って行った足跡。。 
尾崎豊の歌はこれ以上にないジャストマッチで、

ラストシーンの、心に少しやましい気持ちがありながらも旅立つ純へ
五郎が渡したなけなしの餞別も、親の愛は計り知れないものなんだって、
涙なくして見れません。


村人や周辺人物をめぐるエピソードを描いた前2作のスペシャルと異なり、純の成長に真っ向から向き合った作品。青春期特有の自意識や恋、別れを詩情あふれる風景とともに描いた傑作です。純に注ぐ作家の温かい目が感じられ、世の中に出てゆくすべての者への応援歌のようにも思えました。純とれいの不器用な恋と、自分たちではどうしようもない別れ…ラストの20分は何度見ても胸ふたがれる思いを禁じ得ません。

率直に言って、これ以降は、物語の舞台が分裂し、スペシャル版で描き切るにはストーリィ展開に無理を感じます。けれどもこの作品は、家族の成長を描きながら物語としても完結しており、最初のテレビシリーズと並んで、今も折に触れて見返しています。蛇足ながら、放映時、尾崎豊は未だマイナーな存在で、それがドラマの中でいっそう「I Love You」の歌声を輝かせていた気がします。


北の国からスペシャルのシリーズの中でも、高い評価のある
作品だと思います。尾崎豊の音楽が、とても印象的に使われ
ていて、これで尾崎ファンになった人も多いのではないで
しょうか・・・
甘く切ない初恋と故郷からの旅立ち。必見の一作です。


甘く切ない純の初恋も素敵ですが
私が何度みても泣くのは五郎、純の父子のお互いの思いやりが
行き違ってしまう誕生日のシーンと
泥の付いた一万円札を純が見せられるラストシーン。

このシリーズ全体にもいえることですが
暖かさと優しさがいっぱいつまった
本当の名作です。


本作品の大きいところは要所毎に尾崎豊の曲が流れていた事だと思う。尾崎の心に迫る歌唱っぷりは物語全体の雰囲気を更に高めていた。

ストーリーは素晴らしかったのは言うまでもないが、撮影・風景も最高だった。終盤れいちゃんが居なくなった、純が辿りついた誰も居なくなった避難小屋のシーンは素晴らしかった。大地一面に広がる雪景色の中にれいちゃんが歩いたと思われる足跡だけが残っていた。。ああいうシーンは本当にスタッフも上手いと思った。また更にれいちゃんが振り返る回想シーンがオーバーラップしたシーンも巧みだったし、バックに「I love you」が流れた時にはなにも形容できなかった。

最後のトラックに乗りこんで上京するシーンで運転手のおっちゃんがとても怖そうな人で自分もびびってましたが、無言で泥札を手渡されたシーンあれが全てでしたね。


この作品を観るといつも胸がキュンとします。初めての不器用な恋と富良野の風景にふさわしい純粋な恋がうまく描かれています。
キーワードとなる尾崎豊の「I Love You」は歌詞をよく聴くと純とれいちゃんの恋にぴったりなんですよ!「何もかも許された恋じゃないから二人はまるで捨て猫みたい」「若すぎる二人の愛は触れられぬ秘密がある」など。


北の国からの一連の作品の中で、主体が五郎から純(と蛍)へ移行したという意味でもエポックメイキング的な作品。
泥のついた一万円札など、有名なエピソードも沢山あるけれど、やっぱりこの「初恋」っていったら横山めぐみに尽きます。

思春期時代の少女の妖精のような魅力が満点!!
まさか15年後に真珠婦人になるとは!!


純とれいちゃんの初恋。れいちゃん役の,横山めぐみがとても
かわいいです。尾崎豊の「I Love You」がやさしく物語を包み
響きます。


最大の見所は、れいちゃんの下着姿。雨宿りの小屋で二人っきりに、びしょ濡れでセーラー服を脱いだれいちゃんがスリップ姿に、今ではあまりお目にかからなくなった白いスリップ、その下に白いブラが透けてとてもセクシー、恥じらいながら必至で膨らみ始めた胸の谷間を隠そうとする姿に萌え〜思わず右手を激しく動かした方も多いのでは、こういった随所にちりばめられたセクシーシーンも北の国からの楽しみの一つ、恐るべし倉本聡。


| doramarreturn | 田中邦衛 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北の国から Vol.1 [DVD] 出演:田中邦衛(主演)
  
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

北の国から Vol.1 [DVD]

出演:田中邦衛(主演)

20年以上に渡って断続的に製作され、2002年に完結した国民的ドラマの、1981年開始の原点となる連続TVドラマ作品。
東京に暮らしていた黒板一家だったが、妻・令子の浮気がきっかけで夫婦は別れ、夫・五郎は令子の反対を押し切って純と蛍、2人の子どもを連れて、若い頃に自身が逃げ出した北海道の富良野へと移住する。子どもたちにとって全身で感じる大自然と、都会に比べてあまりにも不自由なそれに対する反感、それに伴う父と子の葛藤、令子の子どもたちへの思い、そして彼らを取り巻く人々自身の人生のドラマ。自然は必ずしも優しく人間を受け入れてくれるわけではなく、人間も必ずしも正しく美しく生きられるわけではない。それでも強くたくましく、時には滑稽でさえありながらも生き続けていく姿を描ききった、TVドラマ史上に残る傑作。



【このドラマを見た人の感想】

「北の国から」が完結したいま、改めて振り返ると、数年おきに放映されたスペシャルドラマ版は五郎と純・螢の関係を濃く描いた「親子の物語」であったのに対して、この連続ドラマシリーズは確かに親子の話を軸にはしているけれども、それより深く、五郎と令子の関係をその根底に据えた「男と女の物語」だったんだと思う。五郎だけではない。草太も、つららも、雪子も、それぞれが男と女の悩みを抱えている。
まだ小憎らしい純、そしてどこまでも健気な螢、二人ともとても可愛らしいけれど、これはやっぱり大人のドラマだ。主役は、あくまでも五郎。後年の、全てを優しく受けとめる聖人のような五郎ではない。まだまだ若くて脂ぎっている、一人の「男」としての五郎がそこにいる。

オープニング、東京、!喫茶店、その店内に激しく流れる「モルダウ」、座った目をしている令子。北海道、ゆるやかに流れる空知川、それを見つめる五郎のどこか物憂い目・・・壮大なドラマの幕開けが、こんなにも暗いものだったということに驚かされる第1巻。この連続ドラマシリーズを見ずしてスペシャルドラマ版で涙することは許されないでしょう。


先日、富良野で「北の国から」の舞台を旅し、もう一度最初から見直してみようと思って購入した。

最初、田中邦衛がまだ若く、中嶋朋子・吉岡秀隆がほんの子供でタイムトリップした感じになるけれど、すぐストーリーに入り込め、違和感を覚えなかった。しかし、中嶋朋子・吉岡秀隆の子役としての天才ぶりには改めて脱帽。純・吉岡秀隆と父・田中邦衛のぎこちないやり取りにきゅんとなった。

ちょっと元気のなくなったときに、“一生懸命生きている”ってことだけで素晴らしいんだ!って思えるような本当に素敵な話です。


先日『遺言』を見て、最初から見たいと思いまず第1巻を購入しました。
非常に温かみのある中に様々な人間模様を描いた古さを感じさせない非常にいいドラマでした。早速2巻を購入しようと思います。蛍も純も可愛いですね。


この北の国から1巻を見ると懐かしい昭和の時代にタイムトリップしてしまいます。特にこの時代、純や蛍と同年代だった人にはあの頃の東京の町の風景や純が乗っていた自転車、洋服などストーリーももちろん素晴らしいのですがその周りを取り巻く物全てに懐かしさを覚えずにはいられないでしょう。ストーリーでは純や蛍が自然の中で成長していくだけではなく、五郎もいろんな迷いや間違いをおかしながらも徐々に子供との関わり方を学んでいく様子が克明に描かれています。ところどころ笑いもありで本当に楽しめます。


残したい感動があり、伝えたい感激がある。

「北の国から」発せられたメッセージは、
21年という膨大な歳月と共に、私達の心の中に深く刻まれている。

真に感動する体験が極端に少ない現代の子供達に
「愛」というものを伝えるには、
良質で人の肌触りがするこの物語が最適だと確信している。

共に同じ年月を歩んできた全ての人達に、

この作品を遺していって欲しいと、心から希う…


20年前のドラマな訳だけれども演出的には全然古さを感じない。と言うかむしろこんなドラマを作っていたフジTVがなぜ今あんなことに?!って感じなんだけれども。

ともかく、出てくる人間が全員弱くて卑怯者と言うとんでもないドラマなのだが、この弱さ加減が「人間を描いている」とか言われちゃってる理由なんだろうか。そりゃ富良野塾に女々しい人間が集まる訳である。

状況劇場に集まるようなタイプの人間がいいとは言わんが、富良野塾はどんなメジャーも排出していないってだけで分かる部分がある。

昔々、『冷血』って消防士しながら出張して連続殺人してた清田って殺人鬼をモデルにした映画で清田役を演じた大根役者(彼以上の大根を見たことがない)が富良野塾へ入れてくれと倉本聰の前で切腹して見せた、と言う事件があったがまさにそれなのであった。『北の国から』で出てきた五郎の丸太小屋も先日本当に全焼したらしい。富良野塾はそんな世界でできている・・・・ようにしか見えない。

って、倉本聰や富良野塾や北海道の農業の実態やらそう言う背景に目が言ってしまうのが、長期間に渡るドラマの難点なんだけれども、ドラマはとにかく純に釘付けであった。

おやぢ殺しの蛍もよかったが、純の情けなさの爆発は尋常ではない。まさに天才。どーなってる?ってくらいの天才である。子役がうまいと役者全員うまく見えると言う大人全員役得ドラマ。ガッツ石松さえうまく見えると言う錯覚ぶりだ。

| doramarreturn | 田中邦衛 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北の国から 87 初恋 [DVD]  出演: 田中邦衛, 吉岡秀隆
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

北の国から 87 初恋 [DVD]

出演: 田中邦衛, 吉岡秀隆

北海道の富良野を舞台に、情けなく、みっともなく、しかし同時に逞しくも生き続けていく黒板家とその周囲の人々の人生を描く人気ドラマのスペシャル版第3作。今回のメインとなるエピソードは、純の初恋。少女・れいとの出会いを通して大きく成長していく純。それはやがて父の五郎を越えていくことでもある。また、連続ドラマ時代のエピソードである草太とつららのドラマにも、つらら不在ではあるが一つの決着がつけられ、代わりに2人の共通の友人であったアイコが初登場。草太との今後を期待させる役回りを演じる。子はいつか親を乗り越え、旅立っていくということをしっかりと描ききった、シリーズ代表作のひとつ。なお、物わかりのいい、いわゆる「いい子」の蛍は本作で見納めとなる。


有名芸能人・アイドルのイメージ動画集
レトルト食品.com レトルトで簡単調理!
グルメ取り寄せ.net 食品・グルメのボータルサイト。
無料で参加できる!野球シュミレーション育成ゲーム。
inbull.comは ダーツバー、ダーツショップが検索できるダーツスポット検索サイト





【このドラマを見た人の感想】

純とれいちゃん(横山めぐみ)との初恋を描いた名作!

二人の本当に中学生の頃の真っ直ぐで純粋な気持ちが随所からにじみ出ていて、
自分の思春期の頃の純粋だった気持ちを思い出してしまう事でしょう。
しかも富良野や美瑛の四季移ろいゆく風景がとても美しいこと。

家庭の事情で、夢をあきらめ、純の前からも人知れず去って行かなければ

ならなかったれいの心。雪の上に残った、一回振り返って、去って行った足跡。。 
尾崎豊の歌はこれ以上にないジャストマッチで、

ラストシーンの、心に少しやましい気持ちがありながらも旅立つ純へ
五郎が渡したなけなしの餞別も、親の愛は計り知れないものなんだって、
涙なくして見れません。


村人や周辺人物をめぐるエピソードを描いた前2作のスペシャルと異なり、純の成長に真っ向から向き合った作品。青春期特有の自意識や恋、別れを詩情あふれる風景とともに描いた傑作です。純に注ぐ作家の温かい目が感じられ、世の中に出てゆくすべての者への応援歌のようにも思えました。純とれいの不器用な恋と、自分たちではどうしようもない別れ…ラストの20分は何度見ても胸ふたがれる思いを禁じ得ません。

率直に言って、これ以降は、物語の舞台が分裂し、スペシャル版で描き切るにはストーリィ展開に無理を感じます。けれどもこの作品は、家族の成長を描きながら物語としても完結しており、最初のテレビシリーズと並んで、今も折に触れて見返しています。蛇足ながら、放映時、尾崎豊は未だマイナーな存在で、それがドラマの中でいっそう「I Love You」の歌声を輝かせていた気がします。


北の国からスペシャルのシリーズの中でも、高い評価のある
作品だと思います。尾崎豊の音楽が、とても印象的に使われ
ていて、これで尾崎ファンになった人も多いのではないで
しょうか・・・
甘く切ない初恋と故郷からの旅立ち。必見の一作です。


甘く切ない純の初恋も素敵ですが
私が何度みても泣くのは五郎、純の父子のお互いの思いやりが
行き違ってしまう誕生日のシーンと
泥の付いた一万円札を純が見せられるラストシーン。

このシリーズ全体にもいえることですが
暖かさと優しさがいっぱいつまった
本当の名作です。


本作品の大きいところは要所毎に尾崎豊の曲が流れていた事だと思う。尾崎の心に迫る歌唱っぷりは物語全体の雰囲気を更に高めていた。

ストーリーは素晴らしかったのは言うまでもないが、撮影・風景も最高だった。終盤れいちゃんが居なくなった、純が辿りついた誰も居なくなった避難小屋のシーンは素晴らしかった。大地一面に広がる雪景色の中にれいちゃんが歩いたと思われる足跡だけが残っていた。。ああいうシーンは本当にスタッフも上手いと思った。また更にれいちゃんが振り返る回想シーンがオーバーラップしたシーンも巧みだったし、バックに「I love you」が流れた時にはなにも形容できなかった。

最後のトラックに乗りこんで上京するシーンで運転手のおっちゃんがとても怖そうな人で自分もびびってましたが、無言で泥札を手渡されたシーンあれが全てでしたね。


この作品を観るといつも胸がキュンとします。初めての不器用な恋と富良野の風景にふさわしい純粋な恋がうまく描かれています。
キーワードとなる尾崎豊の「I Love You」は歌詞をよく聴くと純とれいちゃんの恋にぴったりなんですよ!「何もかも許された恋じゃないから二人はまるで捨て猫みたい」「若すぎる二人の愛は触れられぬ秘密がある」など。


北の国からの一連の作品の中で、主体が五郎から純(と蛍)へ移行したという意味でもエポックメイキング的な作品。
泥のついた一万円札など、有名なエピソードも沢山あるけれど、やっぱりこの「初恋」っていったら横山めぐみに尽きます。

思春期時代の少女の妖精のような魅力が満点!!
まさか15年後に真珠婦人になるとは!!


純とれいちゃんの初恋。れいちゃん役の,横山めぐみがとても
かわいいです。尾崎豊の「I Love You」がやさしく物語を包み
響きます。


最大の見所は、れいちゃんの下着姿。雨宿りの小屋で二人っきりに、びしょ濡れでセーラー服を脱いだれいちゃんがスリップ姿に、今ではあまりお目にかからなくなった白いスリップ、その下に白いブラが透けてとてもセクシー、恥じらいながら必至で膨らみ始めた胸の谷間を隠そうとする姿に萌え〜思わず右手を激しく動かした方も多いのでは、こういった随所にちりばめられたセクシーシーンも北の国からの楽しみの一つ、恐るべし倉本聡。


| doramarreturn | 田中邦衛 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |