無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
東京ラブストーリー 鈴木保奈美, 織田裕二, 有森也実, 江口洋介, 千堂あきほ
JUGEMテーマ:織田裕二
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
 

東京ラブストーリー DVD BOX

出演: 鈴木保奈美, 織田裕二, 有森也実, 江口洋介, 千堂あきほ
1991年にフジテレビ系列放送され大ヒットした、柴門ふみの同名作品を原作としたドラマの全12話を4枚のディスクに収録したDVDボックスセット。本編放送終了後に放映された総集編特別番組の撮り下ろし部分も映像特典として収録している。
東京に出てきたばかりのサラリーマン・永尾完治(織田裕二)、その同僚で常識にとらわれない自由奔放な女性・赤名リカ鈴木保奈美)、完治の高校時代の親友プレイボーイの医学生・三上健一(江口洋介)、同じく2人の親友で完治の長年のあこがれの女性・関口さとみ(有森也実)。この4人が織りなす恋愛模様を描く、恋愛ドラマの現代の古典。小田和正による主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も本作同様に大ヒットした。




鈴木保奈美のイメージ動画集



【このドラマを見た人の感想】

やはりリカの魅力がこのドラマの魅力そのものなのですね。

リアルタイムの私は田舎の高校3年生。都会の大学に入った春、先輩の女性5人組が全員リカみたいな髪型に紺ブレだったのにビックリしたのをよく覚えてます。それほどに影響力があったのですね。

気づいてみれば当時のリカの年をはるかに超えてしまった私ですが、今改めて見てみると、ありとあらゆる「やってはいけないこと」をカンチの前でやってしまうリカに疲れるカンチの気持ちも結構分かる・・・(なんてことを書くとリカファンの方に怒られるかもしれませんが)

ただ、やっぱりさとみには感情移入できないので、カンチの気持ちがリカから離れた後はかなり見るのが辛いです。(それが結構長い)
さとみがただただひたすらに暗いので、最初にもっと明るくて可愛いさとみのエピソードを入れれば、ストーリーの奥行きが広がったと思います。

鈴木保奈美さんはその後色々書かれたりたたかれたりしてたけど、やっぱり可愛いし他のどの出演者よりも芸達者です。中山秀征さんが出ていたことはスッカリ忘れきっていたのでビックリしました(若い)。


「月9」という言葉はこのドラマで始まったといえるでしょう。そして、「最初」にして「最高」。

脚本の坂元裕二は、「リカ」と「さとみ」の色づけを柴門ふみの原作とは逆方向にアレンジし、結果として奏功しました。またトレンディ・ドラマの路線をしっかり維持しながら、ファンの求める結末とは逆方向となる原作のシナリオ展開は、その後の「アンチ・ハッピーエンド」なドラマがしばらく続くきっかけにもなりましたね。

俳優陣では、鈴木保奈美が溌剌とした演技で輝き、当時はまだ無名と言ってよかった織田裕二が一気に「織田スタイル」を確立し、江口洋介・中山秀征・西岡徳馬等の俳優が脇をしっかり固めた、非常に安定感のあるドラマでありました。

また、主題歌(小田和正)も良いのですが、劇中のBGMを担当した日向敏文の音楽も秀逸で、「リカのテーマ」をはじめとする劇中曲はそれだけで聴く価値があるといえましょう。

結局、原作・脚本・演出(ミスタートレンディドラマの永山耕三)・俳優陣・音楽のすべてが優れていると大傑作ドラマが生まれるというお手本のような作品だったと思います。


放送から14年たっても今だ恋愛ドラマの頂点に立つドラマだと思います。
CMやバラエティのパロディに今でも使われるなど音楽含めその影響力は
絶大です。とにかくストーリーがだれるところ無く、赤名リカの破天荒だがなぜか魅力的なそのキャラは視聴者を引き込ませ、当時月曜の夜はOLが街から消えるというのも納得です。
でも女性だけでなく男性からも根強い人気がありますね。この作品を
超える恋愛ドラマをいつか見てみたいです。


本放送は全く観ず、再放送でどっぷりハマり繰り返し何度も観ました。まだまだ日本がバブル景気の影響を受けている頃に制作されたせいか当時の世相を反映しているドラマでしたね。まだまだ高嶺の花だった携帯電話が登場したのもこのドラマでした。原作は読んでませんがリカの天真爛漫なところに元気づけられ、カンチの優柔不断なところにイライラし、最後の結末に涙したものです。何よりキャスティングが素晴らしいと思います。観て、買って損は無い作品です。


私この時まだ一歳くらいでした(驚
何年かたって再放送でこれを見て
素敵なドラマだなと思ってめちゃくちゃはまりました!
赤名リカ演じる鈴木保奈美さんは綺麗だし可愛い!
織田裕二さんも江口洋介さんもかなり若いィー♪
キャストもストーリーも素晴らしいので、オススメです


このドラマはリアルタイムで見て、その後とったビデオを何回も見ました。が、いつも感心させられるのは鈴木保奈美が演じる赤名リカのかっこよさ!ちょっとおせっかいなところもあるけど、落ち込むことがあってもいつもにこにこしてて元気で私も頑張らなきゃっていう気持ちにさせてくれます。恋愛の最後はどろどろする事もしばしばですが、リカの別れ方はとにかく潔くってかっこいい!とおさな心に思ってました。それから友達や自分自身が恋愛でつらくなるたびにビデオをひっぱりだして勇気付けられたことも何度もあります。それぞれの恋の葛藤がよく表現してあって、「あっそういうことよくある。」と共感できる部分がたくさんあると思います。恋に頑張ってる人、是非見てみてください!


東京に単身赴任となり早3年。
関西生まれの自分が40過ぎて東京に住む事になるとはこのドラマを見ていた頃は全く考えもしなかった。20代、就職して2〜3年経った頃の冬に始まったこのドラマを営業で遅くまで働いていた自分はビデオに撮って深夜に見ていた記憶がある。が、いつしかそのビデオもどこかに行ってしまった。16年が過ぎ、昨年たまたまDVD化されている事を知り懐かしさに思わず購入したが、買った時期が丁度冬だった為、一気に16年前の冬の東京と現在の東京がダブってしまい、思い切り感情移入してしまった。

全編(11話)を通して見て改めて気付いたのは、余りにもカンチとリカの思いが繋がっていた時期が短く(4話/5話)、6話以降の特に8話〜10話はリカのカンチへの思いの一途さ、懸命さが涙無しには見られない。思えばリカは最初からカンチに対して全力でぶつかっている。8話の踏切での「もう遅いの?」にいたるまでのリカの引裂かれそうな心の揺れを思うと涙物。

多くの人は最終回の駅のハンカチシーンが印象に残っていると思うが、自分の記憶に刷込まれていたのは、本放送時(91年)10話の途中でリカが行方不明になり、画面に現れなくなった所から。主人公なのに約30分ほどストーリーから消え、カンチが東京から約束の地、愛媛に飛び必死に探す場面は、見ているこちらも不安な心境だった事を覚えている。
全く見つからずどうなるのかと思った最後にカンチの小学校に現れたリカ。
逆行を浴びてグランドに後ろを向いて立つシルエットのリカのシーンが16年間他のどんなドラマよりも一番強く印象に残っている。

新しい出来事から古い出来事(1話の夜の公園シーン)へ普通とは逆に思い出して行く最終回のリカ号泣回想シーンも秀逸。

また出会ったあと最初に会話する芝浦埠頭・倉庫岸壁の上での1話のシーン(レインボーブリッジ建設中の海をバックに)と11話・最終回の愛媛の海岸、遊園地そばの岸壁の上で別れを告げるシーン(真っ青な空と海をバックに)の2つの場面が出会いと別れの上で場所は違えども設定上リンクしている。
どちらも映画のようにロングでパンするカット割で強く印象を受けたシーンである。

春になり封印したが、本格的に冬が来るとまた観たくなるドラマ。


物心付いて初めてTVでリアルタイムに見たドラマがこれでした。
当時小学6年生、当時は興味本位で流しながら見ていた記憶があります。

先日、ちょっとした機会に再び全編通して見ることができましたが、
何というか、今になってやっと、この作品の良さが分かった気がします。
年代、立場的に登場人物と重なる部分があるためなのか、

自分の今の人生全体で感動を受け止められたように感じました。
とにかく、素晴らしい原作、そして音楽、いつの時代でも通じる正に最高のラブストーリーです。


とにかくすごいですよ。今のTVドラマはすべて東京ラブストーリーの延長線上にあるみたいです。
恋愛だけじゃなくて、人生に疲れたときでもリカの元気が勇気付けてくれること間違いなしです。
その為か、か~なり重いのも事実で一度見るとしばらくは封印したくなる。

| doramarreturn | 織田裕二 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラストクリスマス DVD-BOX
JUGEMテーマ:矢田亜希子
JUGEMテーマ:織田裕二
 

ラストクリスマス DVD-BOX


【出演者の過去の作品・プロフィール等】

織田裕二, 矢田亜希子, 玉木宏, 森山未來, 片瀬那奈

内容紹介

  織田裕二が『東京ラブストーリー』以来、13年ぶりにフジの月9に主演したロマンティック・ラブストーリー。
大手スポーツ用品メーカーでスポーツ事業部主任を務める春木健次(織田裕二)は、企画した大会のために訪れていたニュージーランドのゲレンデにて、上司の新谷(伊原剛志)の秘書である物静かで清楚な青井由季(矢田亜希子)と出会う。帰国後、壁1枚でしか仕切られていないお隣に引っ越してきたのは、元レディースにつきガテン系ぶりを遺憾なく発揮する、まるで別人のような由季その人だった。
   主演の織田裕二にプロデューサーの大多亮、脚本家の坂元裕二と『東京ラブストーリー』のトリオが再結集したドラマだけに、90年代風のノスタルジックな趣向は満載。健次と由季の夫婦漫才風の掛け合いが楽しい雰囲気であればあるほど、本当は大病を患っていた由季とそんな由季を優しく見守る健次の関係がいっそうせつなく感じられるところ。こういうちょっと軽みのある役は、やはり織田裕二の独壇場である。







【このドラマを見た人の感想】


毎週月曜日が来るのが楽しみで楽しみで、これ程ハマったドラマは初めてでした。とにかく1日中『ラスクリ』の事を考えていて、登場人物の方々がまるで実在するかのような錯覚に陥っていました。
扉1枚を隔てた半同棲のようなちょっとあり得ない作りの部屋や、ツリー・オーロラの前でのキスシーンなど“これぞ月9!”と思えるキラキラしたシチュエーションに毎回ドキドキさせられました。
年齢が一回りも違う健次と由季ですが、その年齢差を全く感じさせない程のバカップル振りに癒される時もあれば、年上の健次の包容力や落ち着いた大人の考え方に頼りがいも感じ、この年齢差がとてもいい形で表現されていると思います。
後半は、元カノ出現や由季の病気の再発などで正直観ていて辛いシーンもありましたが、結末を観てからは逆にそんなシーンに二人の強い絆を感じ、とても愛しく大好きなシーンとなりました。
特に、再発した由季を抱きしめて「ひとつ頼みがある。俺から離れるな。お前は一人じゃないだろう?二人だろう?俺から離れるな。それだけ、絶対忘れるな。」このシーンはとても心に響きました。

主役のお二人はもちろん脇を固める役者さん達もみなさん適役で、また音楽も素晴らしく、出来ることなら続編も観てみたいです。
この『ラストクリスマス』は、若い世代の方には新鮮で、そうじゃない(笑)世代には忘れかけていた“心のトキメキ”を思い出させてくれるような、ずっと大切にしたい素敵なラブストーリーだと思います。


今の時代に、これだけインパクトのあるドラマって、そうないですよね。絶対はずさないところが、「さすがの織田裕二」ですね。織田さんは収録中、「もう何ヶ月も、春木健次を演じているような気がする」と言っていたそうですが、見ていたこちらもずいぶん前から、春木健次という大人の男性に、恋をしているような錯覚に陥っていたような気がします。それに加えて、主題歌の「ラストクリスマス」は、原曲がいいのももちろんありますが、織田さんの声がなんともステキで、よかったと思います。


織田裕二さんの春木健次がみせるさりげない優しさに久々に
ドラマを毎回、毎回楽しみに観ていました。
健次のような人が傍にいてくれたらどんな辛いことにも耐えられる・・
そう感じさせる演技が素晴らしいと思います。
織田裕二さすがです。


近年の月9ドラマは個人的につまらないのが多かった。でも、このラストクリスマスはそんな月9に活気を与えてくれた作品だと思います。

一番話題になったのは、やっぱり織田裕二が13年ぶりに月9主演、ラブストーリーを演じるといったところでしょうか。2003年に「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」、それ以前も「ロケットボーイ」「真夜中の雨」「T.R.Y」「ホワイトアウト」など映画にドラマに活躍していました。しかし、どれもラブストーリーとは言いがたい作品でした。

そんな織田裕二と「東京ラブストーリー」のスタッフが再結成して作り上げたこの作品は月9史上1番だと思います。また、共演者も豪華です。まず忘れてならないのが春木健次(=織田裕二)の恋人・青井由季(=矢田亜希子)、それから健次の大学時代の同級生でハートスポーツの取締役・新谷五郎(=伊原剛志)、健次の幼なじみでラジオパーソナリティーの柴田幸子(=りょう)、健次の仕事の後輩・葉山達平(=森山未來)、ハートスポーツの派遣社員・高瀬彩香(=MEGUMI)など・・・

それだけじゃなく、主題歌「Wake Me Up Go Go」と、オープニングタイトル曲の「Last Christmas」に至っては、織田裕二が全編英語の歌詞をブッチ・ウォーカーと共に歌っている。織田裕二の歌唱力には驚かされました。
去年はWHAM!よりも織田裕二のラストクリスマスが街中に流れていたような気がしなくもないですね。

といった具合に今回の月9は見所満載です。是非一度見てください。最後にはアッと驚く展開が待っています。


絶対読もう!野球ファン向けの本
野球の選手名鑑からコーティングや解説本など野球に関する本をご紹介しています。
ギャンブラー.com
パチンコ・スロット・競馬などなどさまざまなギャンブルの必勝法などもご紹介します!
名作ドラマ・リターン
過去から現在の懐かしいドラマ・人気ドラマを紹介しています。皆様の口コミも合わせてご覧ください。また同時に口コミも受け付けております。
お宝アイドルイメージ動画紹介
過去から現在までののアイドル・女優のイメージ動画・グラビア動画・水着動画など紹介しています。今ではもう手に入らないビデオやDVDが手に入るかも?
ザ・写真集口コミ情報局
アイドル・グラビア・女優
ギター同好会
ギターを始めようという方から、ギターを買い換えようとする方など、ギター好きな方が見て頂ければと思います。
旅館・ホテル・温泉宿.com 〜 口コミ情報〜
温泉宿・旅館・ホテルの宿泊施設を中心にご紹介します!旅行先の宿探しのご参考にして下さい。口コミもご紹介しています。
腕時計同好会
腕時計の情報をお届けします!メーカー情報や腕時計に関するコラムを書いています。腕時計に興味がある方は一度読んでみて下さい。
日本ドラマ同好会
日本のドラマを紹介!昔懐かしいドラマから最近のドラマ情報が楽しめます。
芸能人お宝動画同好会
芸能人・アイドル・女優のイメージ動画を紹介しています。昔のデビュー当時のお宝プレミア動画もあります。

| doramarreturn | 織田裕二 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラストクリスマス DVD-BOX 織田裕二, 矢田亜希子, 玉木宏, 森山未來, 片瀬那奈
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
JUGEMテーマ:織田裕二

ラストクリスマス DVD-BOX


【出演者の過去の作品・プロフィール等】

織田裕二, 矢田亜希子, 玉木宏, 森山未來, 片瀬那奈

内容紹介

  織田裕二が『東京ラブストーリー』以来、13年ぶりにフジの月9に主演したロマンティック・ラブストーリー。
大手スポーツ用品メーカーでスポーツ事業部主任を務める春木健次(織田裕二)は、企画した大会のために訪れていたニュージーランドのゲレンデにて、上司の新谷(伊原剛志)の秘書である物静かで清楚な青井由季(矢田亜希子)と出会う。帰国後、壁1枚でしか仕切られていないお隣に引っ越してきたのは、元レディースにつきガテン系ぶりを遺憾なく発揮する、まるで別人のような由季その人だった。
   主演の織田裕二にプロデューサーの大多亮、脚本家の坂元裕二と『東京ラブストーリー』のトリオが再結集したドラマだけに、90年代風のノスタルジックな趣向は満載。健次と由季の夫婦漫才風の掛け合いが楽しい雰囲気であればあるほど、本当は大病を患っていた由季とそんな由季を優しく見守る健次の関係がいっそうせつなく感じられるところ。こういうちょっと軽みのある役は、やはり織田裕二の独壇場である。







【このドラマを見た人の感想】


毎週月曜日が来るのが楽しみで楽しみで、これ程ハマったドラマは初めてでした。とにかく1日中『ラスクリ』の事を考えていて、登場人物の方々がまるで実在するかのような錯覚に陥っていました。
扉1枚を隔てた半同棲のようなちょっとあり得ない作りの部屋や、ツリー・オーロラの前でのキスシーンなど“これぞ月9!”と思えるキラキラしたシチュエーションに毎回ドキドキさせられました。
年齢が一回りも違う健次と由季ですが、その年齢差を全く感じさせない程のバカップル振りに癒される時もあれば、年上の健次の包容力や落ち着いた大人の考え方に頼りがいも感じ、この年齢差がとてもいい形で表現されていると思います。
後半は、元カノ出現や由季の病気の再発などで正直観ていて辛いシーンもありましたが、結末を観てからは逆にそんなシーンに二人の強い絆を感じ、とても愛しく大好きなシーンとなりました。
特に、再発した由季を抱きしめて「ひとつ頼みがある。俺から離れるな。お前は一人じゃないだろう?二人だろう?俺から離れるな。それだけ、絶対忘れるな。」このシーンはとても心に響きました。

主役のお二人はもちろん脇を固める役者さん達もみなさん適役で、また音楽も素晴らしく、出来ることなら続編も観てみたいです。
この『ラストクリスマス』は、若い世代の方には新鮮で、そうじゃない(笑)世代には忘れかけていた“心のトキメキ”を思い出させてくれるような、ずっと大切にしたい素敵なラブストーリーだと思います。


今の時代に、これだけインパクトのあるドラマって、そうないですよね。絶対はずさないところが、「さすがの織田裕二」ですね。織田さんは収録中、「もう何ヶ月も、春木健次を演じているような気がする」と言っていたそうですが、見ていたこちらもずいぶん前から、春木健次という大人の男性に、恋をしているような錯覚に陥っていたような気がします。それに加えて、主題歌の「ラストクリスマス」は、原曲がいいのももちろんありますが、織田さんの声がなんともステキで、よかったと思います。


織田裕二さんの春木健次がみせるさりげない優しさに久々に
ドラマを毎回、毎回楽しみに観ていました。
健次のような人が傍にいてくれたらどんな辛いことにも耐えられる・・
そう感じさせる演技が素晴らしいと思います。
織田裕二さすがです。


近年の月9ドラマは個人的につまらないのが多かった。でも、このラストクリスマスはそんな月9に活気を与えてくれた作品だと思います。

一番話題になったのは、やっぱり織田裕二が13年ぶりに月9主演、ラブストーリーを演じるといったところでしょうか。2003年に「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」、それ以前も「ロケットボーイ」「真夜中の雨」「T.R.Y」「ホワイトアウト」など映画にドラマに活躍していました。しかし、どれもラブストーリーとは言いがたい作品でした。

そんな織田裕二と「東京ラブストーリー」のスタッフが再結成して作り上げたこの作品は月9史上1番だと思います。また、共演者も豪華です。まず忘れてならないのが春木健次(=織田裕二)の恋人・青井由季(=矢田亜希子)、それから健次の大学時代の同級生でハートスポーツの取締役・新谷五郎(=伊原剛志)、健次の幼なじみでラジオパーソナリティーの柴田幸子(=りょう)、健次の仕事の後輩・葉山達平(=森山未來)、ハートスポーツの派遣社員・高瀬彩香(=MEGUMI)など・・・

それだけじゃなく、主題歌「Wake Me Up Go Go」と、オープニングタイトル曲の「Last Christmas」に至っては、織田裕二が全編英語の歌詞をブッチ・ウォーカーと共に歌っている。織田裕二の歌唱力には驚かされました。
去年はWHAM!よりも織田裕二のラストクリスマスが街中に流れていたような気がしなくもないですね。

といった具合に今回の月9は見所満載です。是非一度見てください。最後にはアッと驚く展開が待っています。

| doramarreturn | 織田裕二 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
 

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)


出演:織田裕二,柳葉敏郎監督:本広克行


踊る大捜査線』(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映された織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化されテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。

2008年3月31日、東京臨海副都心東京湾岸警察署の開署式が行われ、それに合わせて映画版踊る大捜査線シリーズの続編製作が発表された。





【このドラマを見た人の感想】

飛び出す青島。セピアのコートの襟を立て、かじかむ手に息を吹きかげながら歩いていく。
立ち去る室井、何かを決意したように歩き出す。このDVDボックスを購入する皆さんはこの場面が眼に浮かぶのではないでしょうか?主人公の青島は元営業マン、湾岸署刑事課に配属された新人刑事。明るく、人なつっこい性格だ。同僚とも上司とも上手くやり遊ぶことも忘れない。調子よく今どきの若者に見えるが、意外と芯は強い。脱サラしてまで選んだ職業だったが、所轄刑事の現実にタバコの本数は増える一方だが、彼はめげない。本庁のエリート管理官に侮蔑されながらも、仕事に悩み、精一杯生きていく。事件の解決至上主義の本店。小さいとバカにされる所轄の事件に関わる青島、すみれ達。捜査線上には複数の事件が錯綜し、雪乃のような被害者の声が聞こえないこともある。立場の違う2人であったがやがて青島は老刑事和久と親子ほどの歳の差を、管理官室井とは立場の違いを、それぞれの溝を事件を通じて埋めていき、対立は理解と調和へと変わっていく。97年に放送され刑事モノへのオマージュをしつつも事件に関われない、捜査は出来ないというギャップを描き似て非なる刑事たちのドラマとなった。スペシャル、そして集大成である劇場版。捜査線上に錯綜するドラマに心躍っていたのは私達ではなかったか?
今一度、雪乃の涙から始まる事件を一緒に追ってみたい。16枚に及ぶ大捜査線。あなたの心は躍っているか?

尚10年の間に有名になった当時新人、または無名だった人気俳優が多数出演しているので、ご覧になりながら探してみてはいかが? 仲間由起恵、水川あさみ、古田新太、工藤官九郎、高橋克己、伊藤英明、小池栄子、阿部サダヲ、木村多江などのみなさん。

2008年劇場版3作目の撮影が始まりました。不惑の青島クン、どうなるのでしょうか?


これまでの「踊る大捜査線」のすべての映像が収録されています。
「THE MOVIE」の特典としてしか手に入らなかった、「深夜も踊る大捜査線」のDVDも入っており、永久保存版としての価値は高いと思います。
欲を言えば、「秋の犯罪撲滅スペシャル」は「完璧版」にしてほしかったです。
これまで発売されていたDVDは全て持っていましたが、買ってしまいました。しかし、特典のブックレットと「CONNECTION DVD」、レギュラーキャストのピクチャーレーベルだけでも、買った価値があります。


キャストは沢山出てくるけど何よりも青島ファンです!!
このBOXは青島ファンにはたまらない♪
『青島BOX』と呼びたいです。

赤い箱を取り巻くように付いてきたミニポスターの様な仕様書は青島。
DVDの内側の印刷は各キャストが飾ってはいるものの、メインは青島名場面。
DVDのレーベルも各キャストが飾ってますが全部違って見ているだけでも満足。
付録のブックレットの装丁も青島コート。「踊る裏話」のようなスタッフの秘話が満載で、青島名場面も載っていて写真集みたい。

大奮発した甲斐がありました。
本当に買って良かったです!


私も「踊る大捜査線」が大好き。
すべてを集めるとこんなになるとは…驚きです。

感動あり、笑いあり。
日本のドラマ・映画の中で大きな人気を誇っていることもうなずけます。
ぱっと買える値段ではありませんが、是非買いたいです。


ファンなら、絶対買わなきゃダメでしょ。
・・・とか言いつつ、映画版は持ってるし、テレビは全部録画してるし・・と、ずいぶん迷っての購入だったんですけどね。
なんていったって、高いし・・・。

でもこのBOXにはそれだけの価値があります。
特典のブックレットもDVDもいい仕事してますのでぜひ見てくださいね。

しかし、最初は、織田裕二と深津絵里が目当てってだけで見始めたドラマだったんですよね。
で、それまでの刑事ドラマをイメージしてたから、最初は、なんか違うな〜面白くなさそう〜とか思って。
それが、2話目からは夢中で見てました。
こんなにハマってしまうとは、思いもよりませんでしたよ。
でも、それだけ、素晴らしい作品だと思ってます。


正直バカにしていた。
人気テレビドラマで映画も大ヒット。
ふ〜ん、大衆に媚びたトレンディドラマだろって思って
今まで敬遠してきた。それは大きな間違いだった。
これまでの刑事ドラマを一気にひっくり返す内容に
驚愕した。間違いなく刑事ドラマの歴史を変えた
攻撃的な実験ドラマだった。
20年に1本といっても過言ではない偉大な作品だ。


まだ、全然買ってないよ!って方でもお徳かもしれません。
もちろん全部持ってる方も、ジャケットが新デザインになるそうなので、収集している方は、たまりませんね♪


以前、ドラマはDVD-BOXで発売されましたが、CDケースサイズでした。
今回はトールケースということなので、
収納スペースにしっかり収まりそうで助かります。
現在出ている踊る大捜査線シリーズのDVDはすべて購入しましたが、
やはり、今回も買ってしまうんですねー(笑
それだけ、「面白い」ってことです。
DVDならではのコメンタリー音声も付いているので、
ドラマや映画の裏話が聞けるのも魅力のひとつです。
初めて踊る大捜査線を見る方にも、
もうドップリ、ハマッちゃっている方にもお勧めな商品かと思います。


TVシリーズからの長いファンですが、ビデオ一本と、
DVDは『BAYSIDE SHAKEDOWN 2』しか所持していないため、
こういうBOXを出す事に踏み切ってくれた製作側に感謝しています。
長年、息を潜めて待っていた甲斐がありました。
番外ですが、スリーアミーゴーズの映像が永久保存版として
コンプできるのも魅力だと思います。
TVシリーズがトールケースになるのも嬉しい!
ですがこれ、外装はいいのですが、中のDVDケースは安っぽくて、
これならお値段もう少し低くしてもバチはあたらないんじゃ…。
と思いました。


| doramarreturn | 織田裕二 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京ラブストーリー DVD BOX  出演: 鈴木保奈美, 織田裕二, 有森也実, 江口洋介, 千堂あきほ
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

東京ラブストーリー DVD BOX

出演: 鈴木保奈美, 織田裕二, 有森也実, 江口洋介, 千堂あきほ
1991年にフジテレビ系列放送され大ヒットした、柴門ふみの同名作品を原作としたドラマの全12話を4枚のディスクに収録したDVDボックスセット。本編放送終了後に放映された総集編特別番組の撮り下ろし部分も映像特典として収録している。
東京に出てきたばかりのサラリーマン・永尾完治(織田裕二)、その同僚で常識にとらわれない自由奔放な女性・赤名リカ鈴木保奈美)、完治の高校時代の親友プレイボーイの医学生・三上健一(江口洋介)、同じく2人の親友で完治の長年のあこがれの女性・関口さとみ(有森也実)。この4人が織りなす恋愛模様を描く、恋愛ドラマの現代の古典。小田和正による主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も本作同様に大ヒットした。




鈴木保奈美のイメージ動画集



【このドラマを見た人の感想】

やはりリカの魅力がこのドラマの魅力そのものなのですね。

リアルタイムの私は田舎の高校3年生。都会の大学に入った春、先輩の女性5人組が全員リカみたいな髪型に紺ブレだったのにビックリしたのをよく覚えてます。それほどに影響力があったのですね。

気づいてみれば当時のリカの年をはるかに超えてしまった私ですが、今改めて見てみると、ありとあらゆる「やってはいけないこと」をカンチの前でやってしまうリカに疲れるカンチの気持ちも結構分かる・・・(なんてことを書くとリカファンの方に怒られるかもしれませんが)

ただ、やっぱりさとみには感情移入できないので、カンチの気持ちがリカから離れた後はかなり見るのが辛いです。(それが結構長い)
さとみがただただひたすらに暗いので、最初にもっと明るくて可愛いさとみのエピソードを入れれば、ストーリーの奥行きが広がったと思います。

鈴木保奈美さんはその後色々書かれたりたたかれたりしてたけど、やっぱり可愛いし他のどの出演者よりも芸達者です。中山秀征さんが出ていたことはスッカリ忘れきっていたのでビックリしました(若い)。


「月9」という言葉はこのドラマで始まったといえるでしょう。そして、「最初」にして「最高」。

脚本の坂元裕二は、「リカ」と「さとみ」の色づけを柴門ふみの原作とは逆方向にアレンジし、結果として奏功しました。またトレンディ・ドラマの路線をしっかり維持しながら、ファンの求める結末とは逆方向となる原作のシナリオ展開は、その後の「アンチ・ハッピーエンド」なドラマがしばらく続くきっかけにもなりましたね。

俳優陣では、鈴木保奈美が溌剌とした演技で輝き、当時はまだ無名と言ってよかった織田裕二が一気に「織田スタイル」を確立し、江口洋介・中山秀征・西岡徳馬等の俳優が脇をしっかり固めた、非常に安定感のあるドラマでありました。

また、主題歌(小田和正)も良いのですが、劇中のBGMを担当した日向敏文の音楽も秀逸で、「リカのテーマ」をはじめとする劇中曲はそれだけで聴く価値があるといえましょう。

結局、原作・脚本・演出(ミスタートレンディドラマの永山耕三)・俳優陣・音楽のすべてが優れていると大傑作ドラマが生まれるというお手本のような作品だったと思います。


放送から14年たっても今だ恋愛ドラマの頂点に立つドラマだと思います。
CMやバラエティのパロディに今でも使われるなど音楽含めその影響力は
絶大です。とにかくストーリーがだれるところ無く、赤名リカの破天荒だがなぜか魅力的なそのキャラは視聴者を引き込ませ、当時月曜の夜はOLが街から消えるというのも納得です。
でも女性だけでなく男性からも根強い人気がありますね。この作品を
超える恋愛ドラマをいつか見てみたいです。


本放送は全く観ず、再放送でどっぷりハマり繰り返し何度も観ました。まだまだ日本がバブル景気の影響を受けている頃に制作されたせいか当時の世相を反映しているドラマでしたね。まだまだ高嶺の花だった携帯電話が登場したのもこのドラマでした。原作は読んでませんがリカの天真爛漫なところに元気づけられ、カンチの優柔不断なところにイライラし、最後の結末に涙したものです。何よりキャスティングが素晴らしいと思います。観て、買って損は無い作品です。


私この時まだ一歳くらいでした(驚
何年かたって再放送でこれを見て
素敵なドラマだなと思ってめちゃくちゃはまりました!
赤名リカ演じる鈴木保奈美さんは綺麗だし可愛い!
織田裕二さんも江口洋介さんもかなり若いィー♪
キャストもストーリーも素晴らしいので、オススメです


このドラマはリアルタイムで見て、その後とったビデオを何回も見ました。が、いつも感心させられるのは鈴木保奈美が演じる赤名リカのかっこよさ!ちょっとおせっかいなところもあるけど、落ち込むことがあってもいつもにこにこしてて元気で私も頑張らなきゃっていう気持ちにさせてくれます。恋愛の最後はどろどろする事もしばしばですが、リカの別れ方はとにかく潔くってかっこいい!とおさな心に思ってました。それから友達や自分自身が恋愛でつらくなるたびにビデオをひっぱりだして勇気付けられたことも何度もあります。それぞれの恋の葛藤がよく表現してあって、「あっそういうことよくある。」と共感できる部分がたくさんあると思います。恋に頑張ってる人、是非見てみてください!


東京に単身赴任となり早3年。
関西生まれの自分が40過ぎて東京に住む事になるとはこのドラマを見ていた頃は全く考えもしなかった。20代、就職して2〜3年経った頃の冬に始まったこのドラマを営業で遅くまで働いていた自分はビデオに撮って深夜に見ていた記憶がある。が、いつしかそのビデオもどこかに行ってしまった。16年が過ぎ、昨年たまたまDVD化されている事を知り懐かしさに思わず購入したが、買った時期が丁度冬だった為、一気に16年前の冬の東京と現在の東京がダブってしまい、思い切り感情移入してしまった。

全編(11話)を通して見て改めて気付いたのは、余りにもカンチとリカの思いが繋がっていた時期が短く(4話/5話)、6話以降の特に8話〜10話はリカのカンチへの思いの一途さ、懸命さが涙無しには見られない。思えばリカは最初からカンチに対して全力でぶつかっている。8話の踏切での「もう遅いの?」にいたるまでのリカの引裂かれそうな心の揺れを思うと涙物。

多くの人は最終回の駅のハンカチシーンが印象に残っていると思うが、自分の記憶に刷込まれていたのは、本放送時(91年)10話の途中でリカが行方不明になり、画面に現れなくなった所から。主人公なのに約30分ほどストーリーから消え、カンチが東京から約束の地、愛媛に飛び必死に探す場面は、見ているこちらも不安な心境だった事を覚えている。
全く見つからずどうなるのかと思った最後にカンチの小学校に現れたリカ。
逆行を浴びてグランドに後ろを向いて立つシルエットのリカのシーンが16年間他のどんなドラマよりも一番強く印象に残っている。

新しい出来事から古い出来事(1話の夜の公園シーン)へ普通とは逆に思い出して行く最終回のリカ号泣回想シーンも秀逸。

また出会ったあと最初に会話する芝浦埠頭・倉庫岸壁の上での1話のシーン(レインボーブリッジ建設中の海をバックに)と11話・最終回の愛媛の海岸、遊園地そばの岸壁の上で別れを告げるシーン(真っ青な空と海をバックに)の2つの場面が出会いと別れの上で場所は違えども設定上リンクしている。
どちらも映画のようにロングでパンするカット割で強く印象を受けたシーンである。

春になり封印したが、本格的に冬が来るとまた観たくなるドラマ。


物心付いて初めてTVでリアルタイムに見たドラマがこれでした。
当時小学6年生、当時は興味本位で流しながら見ていた記憶があります。

先日、ちょっとした機会に再び全編通して見ることができましたが、
何というか、今になってやっと、この作品の良さが分かった気がします。
年代、立場的に登場人物と重なる部分があるためなのか、

自分の今の人生全体で感動を受け止められたように感じました。
とにかく、素晴らしい原作、そして音楽、いつの時代でも通じる正に最高のラブストーリーです。


とにかくすごいですよ。今のTVドラマはすべて東京ラブストーリーの延長線上にあるみたいです。
恋愛だけじゃなくて、人生に疲れたときでもリカの元気が勇気付けてくれること間違いなしです。
その為か、か~なり重いのも事実で一度見るとしばらくは封印したくなる。

| doramarreturn | 織田裕二 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |