無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ザ・クイズショウ 2009 DVD-BOX 櫻井翔, 横山裕, 松浦亜弥, 篠井英介, 田中哲司
JUGEMテーマ:櫻井 翔
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 

ザ・クイズショウ 2009 DVD-BOX

【出演者のプロフィール】

櫻井翔, 横山裕, 松浦亜弥, 篠井英介, 田中哲司



その答えは、
あなたがいちばん
よく知っている。

日本テレビ系にて2008年7~9 月放送された「ザ・クイズショウ」が、ゴールデンタイムに桜井翔主演で復活!

生放送中のクイズ番組を舞台に、その番組を支配する司会者( 桜井翔)とディレクター( 横山裕)が、解答者たちの裏に隠された様々な人間模様をえぐり出すエンターテイメントドラマ。





■■■■■■■■■■■■■■人気ドラマ紹介■■■■■■■■■■■■■■■



【このドラマを見た人の感想】


ドラマに興味ない自分がここまでハマったのは、やはり出演者の熱演が凄かったからでしょう。
MC・KAMIYAMAを演じる櫻井さん、PD・本間を演じる横山さん、二人ともかのジャニーズに所属するアイドルでもあるのに鼻水を流してまでの号泣シーンは超迫力モノの名演技でした。
今どきの若い女子からしたら『キモい』とか言われるかもですが、自分はカッコつけずに圧倒的な熱演を演じたこの二人こそが最高にカッコいいと思います。
また,ストーリーも斬新で、第5話あたりから段々進展からあり第7話あたりからは、かなり興奮するぐらいどんどんストーリーが進展していきます。
各話に広げられた様々な伏線も最終章で全て繋がり一つになるので、脚本もかなり凄いです。
そして最終回では前シリーズのMC・田崎も登場します。(これは必見です!)
ホントに凄いドラマです。
特に最終回では、色々と何か感じるものなどもあります。
2009年上半期のドラマの中でも絶対お薦めです。
リアルタイムで観てない人は是非とも見てみて下さい!


ドラマのタイトルが「ザ・クイズショウ」で、主演が「桜井翔」にゲストが「哀川翔」。
これだけ「ショウ」が出てくると、「ダジャレか?」と。
オリジナルがあることを知らなかったので、コメディドラマだと思ってました。

しかし、ドラマを見て衝撃を受けました。
涙やら鼻水やらヨダレやら、グチャグチャになりながらの迫真の演技。
桜井くん、横山くんは、「アイドル」ではなく「役者」でした。
横山くんの“目力”もすごかったです。


最初はワンパターンかな〜と思いましたが、中盤からはグイグイ引き込まれました!
次回が待ち遠しいドラマって久し振りでしたね。
特に終盤の櫻井くん、横山くんの熱演は圧巻です!

映像特典もいっぱい付くみたいなので、発売が楽しみです!


このドラマは、クイズ形式で人の過去を暴きながら、真実を追求していくはらはら感とどきどき感いっぱいのドラマです

最初はなんだかなぁ〜と思いましたが、途中からもう引き込まれました
ジャニーズのはまったく興味がなかった友達も毎週見るようになりました
お話の筋は見てからのお楽しみ!

櫻井翔くん(嵐)と横山裕くん(関ジャニ∞)の2人芝居のシーンは圧巻です
特に横山くんは、これから楽しみです
嵐と関ジャニ∞の共演は「歌のおにいさん」の大野くんと丸山くんに続いてますが、それぞれのカラーがミックスして、それぞれの個性も光って、とてもいいですね

「ジャニーズかぁ〜」な〜んてお思いのあなた!
観念を捨てて、ご覧になられてはいかがですか?
きっと、引き込まれますよ!!!!!


ある意味突っ込み所満載だし納得出来ないシーンはいっぱいあるドラマです。OA中も賛否両論、非難と称讃入り乱れていました。でもこの作り手の実験精神、新しいモノに挑戦する姿勢というものは評価しない訳にはいきません。視聴率稼ぎの為一般の視聴者に口当たりの良い当たり障りの無いモノだけ作っていたのでは映像文化、テレビ文化というものは衰退するしかありません。たとえ非難されようとも新しいモノ、自分たちが面白いと思うモノを作り続ける事でしか明日の映像文化というモノは存在し得ないのではないか?このドラマはそういう製作者の決然たる意思表明の様にも感じられるのです。
それを第一線の超人気アイドルでやった事に意味が在るのです。(SMAPでないのが素晴らしい!)
フィクションとノンフィクションを住還しフィクションのギリギリのラインを綱渡りするヒリヒリすり様な感覚。時にそりゃアウトだろうという表現を交えながらそんなのお構いなしに物語はぐいぐい進んで行きます。
そして気付く筈です。裁かれてるのは我々であり試されてるのは実は視聴者自身なのだと。2009年の最大の問題作をどうぞご覧頂きたい!


このドラマって
櫻井翔(嵐)横山裕(関ジャニ∞)戸次重幸(俳優)がでているじゃないですか。
ドラマの『歌のおにいさん』に
大野智(嵐)丸山隆平(関ジャニ∞)戸次重幸(俳優)が
出演していることに発見ッ★

キセキのつながりをこの2つのドラマは持っていそうですねッ♪

ちなみに翔くんも裕くんも演技上手かったー

裕くんなんて熱演ですね。

セットが鼻水でコテンパンにされましたが。

私も同様、部屋の床(ワックスつけてばかりの)を号泣の鼻水で汚しましたし。笑


| doramarreturn | 松浦亜弥 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザ・クイズショウ 2009 DVD-BOX 櫻井翔, 横山裕, 松浦亜弥, 篠井英介, 田中哲司
 
 
JUGEMテーマ:櫻井翔☆
JUGEMテーマ:日本テレビ系 ザ・クイズショウ
JUGEMテーマ:櫻井 翔
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

ザ・クイズショウ 2009 DVD-BOX

【出演者のプロフィール】

櫻井翔, 横山裕, 松浦亜弥, 篠井英介, 田中哲司



その答えは、
あなたがいちばん
よく知っている。

日本テレビ系にて2008年7~9 月放送された「ザ・クイズショウ」が、ゴールデンタイムに桜井翔主演で復活!

生放送中のクイズ番組を舞台に、その番組を支配する司会者( 桜井翔)とディレクター( 横山裕)が、解答者たちの裏に隠された様々な人間模様をえぐり出すエンターテイメントドラマ。





■■■■■■■■■■■■■■人気ドラマ紹介■■■■■■■■■■■■■■■



【このドラマを見た人の感想】


ドラマに興味ない自分がここまでハマったのは、やはり出演者の熱演が凄かったからでしょう。
MC・KAMIYAMAを演じる櫻井さん、PD・本間を演じる横山さん、二人ともかのジャニーズに所属するアイドルでもあるのに鼻水を流してまでの号泣シーンは超迫力モノの名演技でした。
今どきの若い女子からしたら『キモい』とか言われるかもですが、自分はカッコつけずに圧倒的な熱演を演じたこの二人こそが最高にカッコいいと思います。
また,ストーリーも斬新で、第5話あたりから段々進展からあり第7話あたりからは、かなり興奮するぐらいどんどんストーリーが進展していきます。
各話に広げられた様々な伏線も最終章で全て繋がり一つになるので、脚本もかなり凄いです。
そして最終回では前シリーズのMC・田崎も登場します。(これは必見です!)
ホントに凄いドラマです。
特に最終回では、色々と何か感じるものなどもあります。
2009年上半期のドラマの中でも絶対お薦めです。
リアルタイムで観てない人は是非とも見てみて下さい!


ドラマのタイトルが「ザ・クイズショウ」で、主演が「桜井翔」にゲストが「哀川翔」。
これだけ「ショウ」が出てくると、「ダジャレか?」と。
オリジナルがあることを知らなかったので、コメディドラマだと思ってました。

しかし、ドラマを見て衝撃を受けました。
涙やら鼻水やらヨダレやら、グチャグチャになりながらの迫真の演技。
桜井くん、横山くんは、「アイドル」ではなく「役者」でした。
横山くんの“目力”もすごかったです。


最初はワンパターンかな〜と思いましたが、中盤からはグイグイ引き込まれました!
次回が待ち遠しいドラマって久し振りでしたね。
特に終盤の櫻井くん、横山くんの熱演は圧巻です!

映像特典もいっぱい付くみたいなので、発売が楽しみです!


このドラマは、クイズ形式で人の過去を暴きながら、真実を追求していくはらはら感とどきどき感いっぱいのドラマです

最初はなんだかなぁ〜と思いましたが、途中からもう引き込まれました
ジャニーズのはまったく興味がなかった友達も毎週見るようになりました
お話の筋は見てからのお楽しみ!

櫻井翔くん(嵐)と横山裕くん(関ジャニ∞)の2人芝居のシーンは圧巻です
特に横山くんは、これから楽しみです
嵐と関ジャニ∞の共演は「歌のおにいさん」の大野くんと丸山くんに続いてますが、それぞれのカラーがミックスして、それぞれの個性も光って、とてもいいですね

「ジャニーズかぁ〜」な〜んてお思いのあなた!
観念を捨てて、ご覧になられてはいかがですか?
きっと、引き込まれますよ!!!!!


ある意味突っ込み所満載だし納得出来ないシーンはいっぱいあるドラマです。OA中も賛否両論、非難と称讃入り乱れていました。でもこの作り手の実験精神、新しいモノに挑戦する姿勢というものは評価しない訳にはいきません。視聴率稼ぎの為一般の視聴者に口当たりの良い当たり障りの無いモノだけ作っていたのでは映像文化、テレビ文化というものは衰退するしかありません。たとえ非難されようとも新しいモノ、自分たちが面白いと思うモノを作り続ける事でしか明日の映像文化というモノは存在し得ないのではないか?このドラマはそういう製作者の決然たる意思表明の様にも感じられるのです。
それを第一線の超人気アイドルでやった事に意味が在るのです。(SMAPでないのが素晴らしい!)
フィクションとノンフィクションを住還しフィクションのギリギリのラインを綱渡りするヒリヒリすり様な感覚。時にそりゃアウトだろうという表現を交えながらそんなのお構いなしに物語はぐいぐい進んで行きます。
そして気付く筈です。裁かれてるのは我々であり試されてるのは実は視聴者自身なのだと。2009年の最大の問題作をどうぞご覧頂きたい!


このドラマって
櫻井翔(嵐)横山裕(関ジャニ∞)戸次重幸(俳優)がでているじゃないですか。
ドラマの『歌のおにいさん』に
大野智(嵐)丸山隆平(関ジャニ∞)戸次重幸(俳優)が
出演していることに発見ッ★

キセキのつながりをこの2つのドラマは持っていそうですねッ♪

ちなみに翔くんも裕くんも演技上手かったー

裕くんなんて熱演ですね。

セットが鼻水でコテンパンにされましたが。

私も同様、部屋の床(ワックスつけてばかりの)を号泣の鼻水で汚しましたし。笑


| doramarreturn | 松浦亜弥 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |