無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
王様のレストラン
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ










王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe


出演プロフィール: 松本幸四郎, 筒井道隆, 山口智子, 鈴木京香, 西村雅彦


1995年にフジテレビ系で放映された、三谷幸喜脚本による群衆ドラマ。落ちぶれたフレンチレストランを、かつてその店に勤めていたギャルソンが立て直す物語。 主人公である伝説のギャルソン・千石を演じる松本幸四郎は、「黄金の日々」以来のTVドラマ・レギュラー出演となるが、三谷のシナリオが彼のキャラを巧みに捉え、絶妙な存在感と味わいを見せる。とりわけ8話後半におけるシェフ・しずか(山口智子)との語らいは、秀逸な大人のラブ・シーンとして長く記憶に残るだろう。千石をとりまく登場人物たちも個性派ぞろいだが、強調しておきたいのは西村雅彦白井晃梶原善伊藤俊人といった小劇場出身の俳優たちの活躍ぶりである。三谷シナリオのツボを心得た彼らの演技がこの群衆劇を成功に導いたと言ってもいい。そんな小劇団系俳優たちに混ざって、筒井道隆山口智子鈴木京香といった若手俳優、お笑い出身の田口浩正、地味ながら味のあるバイプレイヤー・小野武彦といった面々の個性が全面的に開花。第1話放映後、他局のドラマ関係者が「シナリオ、演出、俳優、すべてが完璧」と白旗を揚げたというエピソードも残る、まさしく伝説のTVドラマ。


山口智子のイメージ動画





【このドラマを見た人の感想】

文句なく、三谷幸喜さんのテレビドラマ最高傑作でしょう。無数にちりばめられた小洒落た台詞やとぼけたエピソードが、時にさりげなく、時にあからさまに回収され、繋がり合い、1つの暖かなドラマを作り上げます。脚本・演出・俳優・音楽…全てがこれほど高いレベルで完璧な調和を保つドラマは滅多に無いでしょう。「すばらしい…!」


唯一残念だったのは、幻の特典映像が入ってなかったこと…。
コメンタリーで梶原さんと三谷さんが話していたように、やはり収録して欲しかった。
あと、値段自体は(内容を考慮すれば)高くないけど、パッケージがちょっと貧弱かな。
内容自体は、とても満足できるものなので、8年待っても手に入れる価値があったけど。
販売企画した人の才覚の無さに腹が立ちます。
とにかく、三谷作品の中ではTOP5に入る出来ですので、購入しておいて損は無いでしょう。


これは…ただものではないドラマだと思います。
役者が実に個性的なんですが演技が更に個性的で
癖のある登場人物だらけになってます。

とぼけた台詞や洒落た台詞を織り交ぜながら
良い意味でばかばかしく回は進み、
登場人物の成長ぶりと成長のなさを
面白おかしく見せてくれます。

感動するといっても決して重すぎず
気軽に楽しめるドラマになっています。


前々からほしくてたまりませんでした。やっと手に入れて毎日見ています。
松本幸四郎ほか出演者たちも最高でむちゃおもしろいです。なかでも出演者によるコメンタリーはいいですね。なかなかいい企画だと思います。
やっぱり三谷幸喜最高です!!


当時11歳の私を三谷幸喜ワールドに引き込んだ名作ドラマ!まだまだトレンディさが幅を利かせていたドラマ界において、軽妙洒脱なユーモアと人生のペーソスとを織り交ぜたその演出手法に思わずこんなドラマみたことないよ!と興奮してしまったのを未だに覚えております。「十二人の優しい日本人」もそうでしたが、根本的に三谷幸喜の人間へのまなざしは優しくて、だから見終わったあとに温かな気持ちになれるのでしょうねぇ。そしてそれを柔らかな笑いで包み込んで伝えてくれるから、妙な押し付けがましさもなく。一癖もニ癖もある従業員たちが様々な困難を経て、やがてLa Belle Equipe(良き友)となっていく様にほろりとさせられます。彼ら一人ひとりの見せ場を書き始めたらそりゃもうきりがないほど長くなってしまいそうなので、それはまた別の話、ということにしておきましょう。


10年以上経った今でも、全く色あせない。
ドラマって映画にくらべて手間もぬいてて
時間も長いのでどうしてもだれて最後は予定調和、
って感じがして安っぽい先入観があったのだけど、
このドラマはその辺の凡百の映画より遥かに完成度
が高い。三谷作品中でも屈指の出来。
ルビッチやワイルダーの強い影響のもと、ともす
ればキザったらしくなりがちなせりふまわしを絶妙な
キャストで成立させている。そういう意味でも「奇跡
的」な作品。これほどチャーミングな山口智子を他に
知りません。8話のラブシーンはドラマ史上どころか
日本映像史上屈指のラヴシーンでしょう。
三谷のシネマディクトぶりが最良の形で結晶しており
古きよきアメリカ映画へのオマージュともみえます。
未見の方には、本当にお勧めできるドラマ。特に子供
にみせたい。


はじめてテレビでこのドラマをみたとき、とても楽しくて毎回あっという間でした。レストランで働く人たちのお話ですが1人1人の個性が良く出ていて誰か1人がかけてだけでも成り立たない感じです。俳優人が豪華です。「あーこのお店に行ってみたい」と思ってしまいます。個人的にはお店に段々団結力が出てくる頃にみんなで合唱の練習をするのが好きです。山口智子が演じるシェフが橋幸夫のファンなのです。名言集が作れそうな松本幸四郎演じる伝説のギャルソンが良い味出しています。三谷さんの作品で(ドラマ)一番好きです。お奨め・・・。


 その笑いの、絶妙の“間”、増幅する“すれ違い”が引き起こす可笑しさ、軽妙洒脱な会話、俳優たちの見事なアンサンブルの妙、服部隆之のテーマ曲、と、全ての面で申し分ない、“奇跡”のシチュエーション・コメディだ。特に、一幕物の演劇の如く、限られた空間である「ベル・エポック」で繰りひろげられる、個性豊かで、魅力的な俳優たちの丁々発止のやりとりは、何度観ても、抱腹絶倒。さて、今宵は、誰に注目してみようか。“すばらしい!”のギャルソンか、“♪橋幸夫好き”のシェフ・キュイジーヌか、“3つのW”のパトロンか、“モスラとヒヨコ”が友達のディレクトールか、“愛人顔”のバルマンか、“WA、でなくHA”のメートルか、“楠田恵理子とツー・ショット”のソムリエか、、、また、眠れぬ夜となりそうだ(笑)。


すばらしい!
エスプリの効いたドラマ。いつも同一のセットでやるという舞台仕立てのTVドラマ。各キャラクターが立っていて面白いこと受け合い。
私のお薦めは、6話くらいの日欧交渉の会場になるという話です。


オンタイムでも見ていましたが、改めて見てみて、このドラマの素晴らしさを再認しました。

聞いているだけでも元気になるような音楽、実力派揃いの俳優陣、そして面白いだけではなく心温まるストーリー。見た人を幸せにしてくれる力があるドラマだと思います。

まったくやる気がなく、いいかげんだった従業員たちが回が進むにつれて互いに助け合い、仕事に真剣に取り組むようになる姿は、「私も頑張って仕事をしよう」という気持ちにさせてくれます。

それぞれにコンプレックスを抱え、どこか間の抜けた登場人物たちもとても魅力的で、欠点も含めて人間っていいなと思えます。こんなレストランがあったらぜひ行ってみたいです。

私も彼らのように、自分の仕事に誇りを持って頑張っていきたいと思います。


| doramarreturn | 筒井道隆 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |