無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ウォーターボーイズ 山田孝之, 森山未來, 瑛太, 石垣佑磨, 石井智也
 
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
JUGEMテーマ:山田孝之

ウォーターボーイズ


【出演者の過去の作品・プロフィール等】

山田孝之, 森山未來, 瑛太, 石垣佑磨, 石井智也


〜山田孝之〜

姉二人をもつ末っ子長男。姉二人は元雑誌モデル。1番目の姉は女優の椿かおり、2番目の姉は歌手のSAYUKI。
中学3年の2学期終業後に家庭の事情で鹿児島から上京、姉と買い物中の原宿で女の子に間違われてスカウトされたことをきっかけに芸能界入り。
都内の中学を卒業後、日本テレビ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。
NHK『六番目の小夜子』で知名度を上げ、NHK『ちゅらさん』主人公の弟・古波蔵恵達役、フジテレビ『WATER BOYS』主人公・進藤勘九郎役、『FIRE BOYS 〜め組の大吾〜』主人公・朝比奈大吾役などで好演し注目される。
2004年、エランドール賞新人賞受賞。東京地下鉄初代イメージキャラクターにも選ばれる。
『世界の中心で、愛をさけぶ』では、優しく純粋な主人公・松本朔太郎役を好演し、雑誌『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞(2004年夏クール)で主演男優賞を初受賞。
2005年には『電車男』(監督・村上正典)で映画初主演を果たした。
厳密には、2003年に製作され、2004年に公開された日米合作映画『ジェニファ 涙石の恋』(監督・三枝健起)も山田の主演作であるが、名実共に単独で主演した映画は『電車男』が初めてである。
『白夜行』で『ザテレビジョン』ドラマアカデミー賞主演男優賞 2度目の受賞。
『WATER BOYS』『H2〜君といた日々』などの青春ドラマから『世界の中心で、愛をさけぶ』『タイヨウのうた』などラブストーリー、そして『白夜行』『手紙』などの人間ドラマまで様々なジャンルの役をこなす。
2006年、スポニチ(2月15日)の報道にて、生後4か月の子どもがいることが発覚した。その後、山田本人が公式サイトにて、「女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかなかった」とし、結婚せずに山田が子どもの養育費・生活費を支払うことで相手側家族とも合意したと発表した(日刊スポーツ 2006年2月16日・公式サイト)。
2007年秋に公開された『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』など長髪と無精髭で今までとは違った一面を見せている。
『クローズZERO』では第50回 (2007年度) ブルーリボン賞助演男優賞に 20代でただ一人ノミネートされた。
苦手な食べ物は大トロ。理由は「油を食べているみたいだから」(2009年4月16日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』での新・食わず嫌い王決定戦より)。
好物はささみ、バナナ・ジュースなど。
俳優の玉山鉄二とは、週一回会うほど仲が良い。


内容紹介

  スマッシュヒットとなった同名映画の2年後という設定で、再びシンクロ公演に挑む男子高校生たちの奮闘ぶりを描いたさわやか系青春ドラマ。学園祭で見た男子のシンクロにあこがれて水泳部に入った進藤勘九郎(山田孝之)は、高校生活最後の年にシンクロチームのリーダーを務めることに。そんな矢先、教育委員会から公演の自粛要請がくだされる。いったんはシンクロをあきらめる勘九郎だったが…。
   映画版のシチュエーションをそのまま引き継ぐも、勢いで攻め立てた映画版よりも折り目正しく作ってある印象。シンクロの練習に熱く励むスポ根のりもあった映画版に対して、ドラマ版はむしろシンクロ公演にこぎつけるまでのさまざまな困難を乗り越えていくエピソードの方に重きが置かれている。本番のシンクロに登場する男の子たちは、250人の中から選びぬかれた美少年ぞろい。







【このドラマを見た人の感想】


まず、このドラマの素晴らしいところは、フィクションであって、決してフィクションではない、出演者自身の成長・努力とリンクしている所だ。このドラマは演技力だけでは成り立たず、出演者自身がシンクロをマスターして始めて成り立つ。そこがこのドラマの最大のキモであり、観るもの全てを魅了する強さである。もちろん、ストーリー自体も面白い。男の友情とシンクロ、という2本の柱があり、その2大柱を引き立て、スパイスを与える教師や女生徒、彼らの家族・・・。また、出演者の豪華さも素晴らしい。放映当時は、「豪華キャスト」という見方をしていなかったであろう視聴者も多かったと思うし、現在も彼らを豪華俳優陣、とは言えない人もいるだろう。が、山田孝之、森山未来を筆頭に、彼らは間違いなくこれからの日本のドラマ・映画界をしょって立つ
大物になるだろう。また、彼らがそうなった時、数年後、数十年後に、彼らの原点ともいえるであろうこのDVDを持っていることは、かなり貴重なのではないか?映画も含めたウォーターボーイズシリーズの中で、私個人はこの2003年ドラマ版が最も面白く、感動できた。誰もがかつては持っていたが、年を重ねるごとに失ってしまったもの・・。掛け値なしの熱さ、努力・・・。そういう「青春」がいっぱい詰まったこのDVDは、一家に1枚(1BOX?)あっても損はないはずだ。ドラマは音楽のように毎日毎日視聴することはないが、1年に1回でもこれを観ると、元気が沸いてくる。そう、くじけそうになった時、周りに流されそうになった時、また、すでに流されてしまって版で押したような生活を強いられてしまった人にとっても、このDVDBOXはあなたの特効薬になること間違いない。


~一生懸命なのはかっこ悪い事じゃない。一生懸命な人をバカにしてしまうのは、自分にないものをもっているが故の焦りと嫉妬、負け惜しみでしょう。
時には無茶でバカになってもいい。諦めず、周りに流されず、好きなことをやり続けることの大切さを再確認させられます。
『うらやましいね、あんた達』という麻子のセリフ。一緒にがんばれる仲間がいるってほ~~んとにうらやましいこと。大切なものを忘れかけている大人の方に是非見ていただきたいです。おバカで熱いボーイズに思わず『嫉妬』するはず!
見終わった後、少しだけ前向きな気分になっている自分に気が付きます。
特典DISKの内容もとーーっても充実してますよ★~


テレビでWater Boysのドラマを途中から見て感動したので、全編見たいと思い買いました。TVドラマにこの金額は高いかと思いましたが、買って良かったです。
本当にドラマに引き込まれて、笑い、涙してしまいました。決して演技が上手だったり、台詞が良かったりするわけでは無いのに、今年40才になるおじさんを感動させてくれました。そして、特別ディスクのmaking1,2を見て若いのにプロ根性を見せ付けてくれ、感動させる理由がわかったような気がします。


『好き』という内に秘めた情熱を行動に昇華させた最高の作品です。それぞれの登場人物はそれぞれに魅力があり、出演者すべてが主役。演者も『どこにでもいそうでどこにもいない』キャラクターを見事に演じています。学生時代に『こんな奴と友達だったらなぁ』と観る度に思う。作品を通して一貫して貫かれている『ど~してもっ!』という想いに何度観ても共感し、感動する!『2』よりも『映画』よりもこのシリーズでしょっ


高校生の話なので、あまり興味なくみていましたが、どんどんはまってしまいました。

ない部活をあきらめず作るところから始まり、奇妙なメンバー5人で結成させた、シンクロ部。問題もあるけれど、けしてあきらめず、助けあっていく姿は、高校生らしい、純粋な姿でほほえましいと思います。

そして、問題のシンクロ公演は、素人の子達がよくここまでできたかと思う程です。

笑いと涙あり、大人の人にもお勧めですよ。


自分でも不思議なくらいはまったドラマです!!
映画の方も好きでしたが、ドラマには映画では味わえない切なさや感動があります! 色々な出来事により、主演5人のキャラが上手く生かされ、彼等の悩みや喜びにとても共感できました。
部活動や学園祭に燃えた学生時代を、懐かしく思い出せる爽やかな青春ドラマです。

特に、特典DVDは必見です! ドラマ舞台裏での、ボーイズの努力や苦悩はまさにもう一つの感動でした。クランクアップでの涙は、みんな本当に美しかったです。
本当のボーイズの青春が写し出されていたから、これほど感動できる作品になったのだと実感できました!


| doramarreturn | 山田孝之 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://doramarreturn.jugem.jp/trackback/115
2010/07/14 6:16 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。