無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
フジテレビ開局50周年記念DVD 君が嘘をついた DVD-BOX 出演: 三上博史, 麻生祐未
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

フジテレビ開局50周年記念DVD 君が嘘をついた DVD-BOX

出演: 三上博史, 麻生祐未

大学でヨット部の仲間であった日高涼(三上博史)、山下克巳(大江千里)、戸田輝也(布施博)の 3人は、大学を卒業し、しがない平凡な社会人となっても交流を続けていた。一方、いつもイイ男探しばかりしか考えていない、イベントコンパニオンの渡辺亜紀子(麻生祐未) 、坂本恵美(鈴木保奈美)、中村美佐(井上彩名)の3人は「横浜のお嬢様」と見栄を張りながら、独身弁護士が集うパーティーに出席する。そこで「弁護士」と嘘をつき出席していた日高ら3人と出会う。見栄を張って、嘘をついて、嘘がバレて、それでも好きでいられるか? 次第にお互が等身大の愛情に気づき始め、クリスマス・イヴの夜を迎えることに……。



【このドラマを見た人の感想】

20年待ちました。放映終了から待ちました。
はじめてこのドラマのエンディングを見た瞬間に「何じゃこりゃ?」と、エンドクレジットのNG集に見入ってしまいました。Princess Princessの主題歌「Get Crazy!」がはまりすぎで、フジテレビは何を考えているんだとと思いつつも、内心はよくやったと。他のドラマのエンディングで、ここまでの悪ノリはなかったですね。よくよく見れば、このドラマの全てがパロディです。
赤い靴が元で知り合う「シンデレラ」のような?男女のお話。物語のラストシーン(クリスマスイブ24時を過ぎたころ)、三上博史さんが麻生祐未さんの足に靴を履かせ、その後に三上博史さんがプレゼントを持っていない麻生祐未さんの左手にリボンを巻き「これがなかなか手に入らなくて」なんて…。今年の冬はこれで決まりです。
それと、布施博さんの真冬の海へのダイビング、「いい女のためには体を張る主義なんだ!」と笑って言える男はそうそういない、どれもなかなかできないです。
麻生祐未さんは当時24歳、若い、綺麗、言うことなし。当然、今でも。物語のラストの前、イブの日にクリスマスケーキの販売をしているときにでた台詞、「マッチはいりませんか?」、「クリスマスケーキはいりませんか?」。麻生祐未さんみたいなマッチ売りの少女がいたら、マッチを全部買っちゃいますよね!


この時期の三上氏のテレビ作品ではもう最高の出来でしょう。完璧なクリスマスストーリー。三上氏の2枚目半っぷりが素晴らしい。バブル期を記録した最高の作品といえるでしょう。


大げさでなく、DVD化されたら絶対買おうと決めていた唯一のドラマです。放送当時の主人公(男)の年齢が同じで、飲み屋や友人の家に集まるシーンなど文字通り等身大の感じが好きで、20年前の本放送以来、再放送・CSなど何度も見てるのに結局商品到着後一気に見てしまいました(住んでいるところが一サラリーマンやコンパニオンが住むにしては若干現実離れしていましたが・・・)。
特に最終回は「克さん、いつも私のサンタクロースだったんだね」「私にとっては貴方といる時がいつもクリスマスイブなの」「降りしきる雪と同じオフホワイトの色で僕は彼女の心にアイラインを引いた」など名セリフのオンパレード。涼の駐車場の部屋番号と実際の表札にある部屋番号が違うなどささやかな突っ込みどころはありますが、きっと今年もイブが近づくと見たくなると思います。


懐かしいです。もう20年前なんですね。今は携帯電話があるので便利ではありますが、当時は固定電話で、留守番電話にメッセージを入れることくらいしか出来ず、何とももどかしいし、歯がゆい感じ・・・でも、それが私たちの青春時代でした。職場の机で煙草を吸うのも今では無いですよね。20年ってやっぱり永いんだなあ。麻生さんは綺麗ですね。気の強さと可愛さを兼ね揃えている。三上さんもカッコいいです。


| doramarreturn | 麻生祐未 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/08/22 10:54 AM posted by: SONOKO
草刈真田太平記、DVD化されてますよ♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。