無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
西遊記 DVD-BOX 1
 
JUGEMテーマ:伊藤淳史
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

西遊記 DVD-BOX 1

伝説のテレビドラマ「西遊記」 待望のDVD化!

日本テレビ開局25年記念番組として1978年10月1日~1979年4月1日まで全26話にわたって放送され、圧倒的な支持を得た「西遊記」、待望のDVD化!
当時としては画期的な中国ロケや冨士の裾野でのロケなど大陸風の演出に工夫を凝らし、また、合成やミニチュアの使用など特も駆使され、「西遊記」の広大なスケールの世界観を描いています。
物語は、石から生まれた孫悟空の生い立ちから始まり、三蔵法師、沙悟浄、猪八戒との出会いを経て天竺への旅をする波瀾万丈の展開が繰り広げられます。また、孫悟空と沙悟浄、猪八戒のコミカルなやり取りもこのドラマの人気の一つでした。
出演者は、孫悟空に堺正章、三蔵法師に夏目雅子、沙悟浄に岸部シロー(当時/現・岸部四郎)、猪八戒に西田敏行の言わずと知れた出演陣、本来は男性である三蔵法師を夏目雅子が演じたことも話題を呼びました。また、ゴダイゴのテーマ曲「モンキーマジック」、エンディングテーマ「ガンダーラ」の2曲ともに大ヒットしました。

DVD-BOXには、2006年6月22日都内スタジオにて当時のセット『芭蕉洞』(第24話に登場する、火焔山のふもとの芭蕉扇を所有する女仙人が住む家)を再現した中で、堺正章さん、岸部四郎さん、西田敏行さんの三人が、今だから話せる撮影裏話のほか、夏目雅子さんや多彩なゲストたちとのエピソードなどを語った鼎談を収録した特典ディスクを、前・後編の2枚にわけてI・IIにそれぞれ封入します。

<キャスト>
堺正章 夏目雅子 岸部シロー 西田敏行


第1話「石猿誕生す」(ゲスト:井上孝雄、丹阿弥谷津子、新藤恵美、岡田英次、松村達雄、高峰三枝子ほか)
第2話「長い旅の始まり」(ゲスト:中村敦夫、殿山泰司、高峰三枝子)
第3話「三兄弟・天竺への誓い」(ゲスト:ハナ 肇、津山登志子、沢井桂子)
第4話「妖怪夫婦 金角.銀角」(ゲスト:内田良平、天本英世、三条泰子)
第5話「反抗期の妖怪」(ゲスト:大門正明、服部妙子、勝呂 誉)
第6話「悟空破門!三妖怪の罠」(ゲスト:高橋長英、斉藤恵子、土屋嘉男)
第7話「日照り妖怪の子守唄」(ゲスト:桑山正一、赤座美代子、森塚敏)
第8話「悟空危うし!鱗青魔王(りんせいまおう)の逆襲」(ゲスト:中尾 彬、池波志乃)
第9話「危うし三蔵!妖女地湧夫人(ちようふじん)」(ゲスト:御木本伸介、沢井桃子、池田秀一、堀井永子)
第10話 「哀しき王妃 二人の玄奘」(ゲスト:大塚国夫、福田公子、谷 啓)

<スタッフ>
●企画:早川恒夫
●脚本:佐々木守・沖島 勲(#1) 佐々木守(#2) 安倍徹郎(#3) 布勢博一(#4・10)
永井素夫(#5) 田上 雄(#6・9) ジェームス三木(#7・8)
●プロデューサー:山田宗雄 長富忠裕 香取雍史 森川一雄 熊谷 健
●音楽:ミッキー吉野 ●演奏・唄:ゴダイゴ
●監督:渡邊祐介(#1) 福田純(#2) 山崎大助(♯3~6) 田中康隆(#7・8) 福田純(#9・10)
●製作:国際放映

<仕様>
本編3枚+特典ディスク1枚
VOL.1/2話収録(第1,2話)
VOL.2/4話収録(第3,4,5,6話)
VOL.3/4話収録(第7,8,9,10話)

<特典ディスク内容>
「西遊記スペシャル対談」前編
都内スタジオに当時のセットを再現し、堺正章、岸部四郎、西田敏行の対談インタビューを収録。
当時の撮影エピソードを余すことなく収録!!




【このドラマを見た人の感想】


子供のころに、家族と観て皆で大笑いしていました。時々ぐっとくる内容もあり、笑いと涙と感動の名作だと思います。私の中では、西遊記といえば、堺正章さんのものしかありません。この出演者達の強烈なキャラクターに、太刀打ちできる西遊記はないでしょー。音楽も最高でした(いまでもサビの部分を覚えているくらいです)。是非、DVD化していただき、今度は自分の家族とじっくり観たいです。台詞もアドリブが多かったみたいですし、そのあたりも大人となった今、ぜひとも堪能したいところです。一刻も早いDVD化を、切に願います!


私は30代半ばですが、子供のころリアルタイムで観ていました。
他の方も口を揃えてレビューするとおり、西遊記ドラマものは現在までさまざまなキャスト・バージョンで放映されますが、それらの原点であり文句なしに最高傑作と言ってよい出色の完成度です。
10億円という制作費と当時の最高水準の技術を駆使して、中国ロケを交え原作の西遊記をなるべく忠実に追いかけていますよね。もちろん、CGもない時代だから、背景セットの作りは稚拙でバレバレですが、脚本・キャストのレベルが相当に高いため、気にならない。そればかりか、かえってバレバレなセットがドラマのアクセントになっているとも思えてきます。
なにせ俳優陣がすばらしい!香取慎吾版の西遊記は悟空中心の物語展開だから、ウッチャンと伊藤惇史はまるきり脇役…。しかも役が作り込まれてなくて、香取慎吾は香取慎吾にしか見えなかった。かろうじて深津絵里はいい線いって演じてたかなぁ。とにかく「なまか」というキャッチフレーズだけが一人歩きって感じでした。
けれどもこのオリジナルでは、堺正章、岸部シロー、西田敏行の3人の演技が良いので、アドリブ中心の掛け合いにリズム感があってメチャおもしろい!脚本も時代に色あせない作りになっているので、古さをいっこうに感じさせません。だいたい3人がケンカになると「なんだよっー、この○○ザルッ」、「なんだとーっ、この○○ブタッ」という具合で、とにかくその罵るセリフがスピード感があって笑えます。
なによりも、夏目雅子さんがキレイ! 頑固で信念の人だけど無鉄砲という役柄を見事に演じきっています。助けてあげなきゃと思わせるようなそのか弱さに魅了されますね。
ぜひ、同世代でない人にも観てほしい日本ドラマ史上の至宝ですよ!


小学生のころ、再放送だったと思うのですが、堺正章さん・夏目雅子さん出演の西遊記が午後4時から放送されていて、毎日それを観るために学校から走って帰っていました。その後、いろいろな方々が西遊記をやっていますが、やっぱり私の中の『西遊記』はこの西遊記なのです。すごくインパクトが強くて、いまだに鮮明にいろいろな場面が浮かんできます。でも、ドラマの内容をすべて覚えているわけではないので、ぜひぜひ大人になった今の目で観てみたいと思っています。こんなに有名な作品がDVDにならないのはもったいないです!今の子どもたちにも観てほしい作品ですので、ぜひDVD化をお願いします!

| doramarreturn | 堺正章 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。